カテゴリー「東北関東大震災」の49件の記事

2014年3月11日 (火)

記録と記憶

11031201

今更だけど、あの日の写真を探してみます。

するとアトリエの窓から撮った写真が数枚ある事に気がつきます。

でも正直に言えば、写真のフォルダにタイトルがついてなかったら、普段と変わらない隣近所の風景を写した写真にしか見えません。

これらの写真だけを眺めていても、この後に続く最悪の事態など全く予想も想像できないようなものばかり。

そんなつまらない写真だけど、ただあの日も雪が降っていた事だけはかろうじて憶い出せました。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

3月11日の日常。

12031201

朝からストーブの前に張り付いて、せっせとレゴで遊ぶ我が子。

気が付けば、プクプクだった手が、いつの間にかちょっと大人の手みたいにガサガサになってきている。


12031202

2012年3月11日の朝。





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

ここは大丈夫ですか?

11091601
人生において「確証」なんてあり得ない、と思う。

そう思うと、誰かに何かを聞いても仕様がないし、答えを求めても無駄なような気がしてくる。

それでも声に出して尋ねてみたくなる事がある。

続きを読む "ここは大丈夫ですか?"

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

Fiori di TOHOKU/込めたる思い。

11080611
「色を復活させたい!」

それが震災の映像を目の当たりにした時に思った素直な気持ちでした。
今まで、ちょっとやり過ぎたんじゃないかと思うくらい、いろんな色に満ちあふれていただろうそれらの街路から、全ての色は粉々に粉砕され、そして混ぜられ、さらにドロをかぶり、全てがグレーと化していました。

「もっと色があれば、気持ちも和らぐのかもしれない。」という気持ちから思いついた花々。

セッコク
ハマユリ
ネモトシャクナゲ
白菊
サザンカ
....

せっかくなら、サラ金の看板やパチンコやのネオンカラーではなく、様々な色を持った花々で、色を復活させたい!。

そんな想いもあって、被災された場所の市花、町花などを探し出し、そんな花で覆われた絵を作ろうと思い立った訳であります。

だからこその Fiori di TOHOKU/東北の花々(「flowers of ~」じゃなんか硬そうだったので)でありました。

もちろんこれで全てではないけれど、可能な限りできるだけ多くの花々を配して行きました。

そしてこんなモノ、ただの自己満足でしか無いのだけれど、絵描きとしての自分にできる、当時としては最高で最善の事だったと信じてます。

作品作りなんてたぶん100%自分のためでしか無いけれど、一生に一度くらい、自分じゃない誰かの事を考えながら作品を作ってもバチは当たらないだろうと思っています。

気になったら見に来て下さい。

最もそんな想いが見ただけで伝わらないような絵だとしたら、失敗作かもしれませんが。



*場所はこちらです↓

大きな地図で見る



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

ブドウと雨

11072901
その有効性はともかく日本各地でいろんな形で放射線量の測定が行われているようである。
その報告の度ごとに、セットで付けられる言葉がこれ。

「直ちに健康被害はない量である。」

でもたまたまYouTubeで見つけたこんな必死の訴えを聞いていて、ある事に気が付かされる。

「各地点の量は少ないけど、それを全部足して総量にしたらどれくらいの放射線量になるのだろうか?」

その映像の中では、確かにそんな数字についても述べられていたのだが、私自身、それを見るまでそんな風に考えた事さえなかった。

「健康に直ちに影響はない!」

この言葉は「言い訳」であって「救い」ではない。
もうすでに日本人の多くはその事に気が付いていると思う。
そして私は、事故車両を必至で土の中に埋めようとする中国の事をこれっぽっちも笑えない、同じような隠蔽体質の国で生きている事に気が付いてしまった。

          *     *     *

ここ最近、激しい雨が降ったり止んだり。
で、庭にあるこんなブドウやブルーベリーにも雨粒が当り、さらには地面に落ちた雨水を吸い上げて滋養にしている。

しかしこの雨水が「恵みの雨」であると、今現在、誰が断言できようか??














中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

あれからちょうど三ヶ月...

11060804
忘れもしない、今からちょうど三ヶ月前、あの大災厄が起こりました。

しかしながら、被災された多くの方々が先の見えない生活を続けていて、また原発の放射能漏れは終息のメドさえ立っていない状況です。

そんな中ですが、何か一つ、些細な事でも良いですから、今日のこの日に何かできたら良いなぁ、と考えております。

特に何の準備をしなくても、また大きな呼びかけをしなくてもできるようなほんの小さな事...

あくまでも私一人の考えなので、最終的には他の二人と相談してからの事ですが、ただ、あの時を、そして今の状況を忘れない為の小さなアクション...

....できるかな?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

#037 Fiori 03

037



リンドウ



とある街の花




*      *      *


| | コメント (0)

#036 Fiori 02

036



椿



とある街の花




*      *      *


| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

#035 Fiori 01

035
>



白 菊



とある街の花




*      *      *


| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

#033 Road to Nowhere

034



どこへも続かない道



昔そんなタイトルの歌が流行って

歌詞の内容なんかさっぱり知らなかったけれど、

そんな道に強く心惹かれて

そんな道をどこまでも

歩いて行けたら良いな、って思っていた。



その頃は

ただ歩く事さえできれば

ボクの心は救われるような気がした。




*      *      *


| | コメント (0)