カテゴリー「冬と雪」の227件の記事

2015年1月17日 (土)

久々のニューフェイス

三年ほど付き合ってきた長靴でしたが、いよいよ中が乾く暇がないほど、浸水が深刻になってきたので、新品購入を決意して、久々に靴屋さんに出かけてきました。

店先にてその種類の多さに驚き、しばし考え込む私。

そんなかずあるなかで、前々から気になっていたミツ馬印の長靴を発見。(自分が午年だから…と言うのとはあまり関係ない?たぶん)
茶色のを試着してみたら足にぴたっとフィットして、なんだか乗馬ブーツみたいで「普段履きもOK!?」と思えるくらいカッコ良かったけど、ちょっとぴったりし過ぎていたので、ワンサイズ大きめのに履き替えてみたら、何故か普通の長靴にしか見えなくなった。
ちょっとだけ迷ったけど、あくまでも作業ようなので大きめの方を購入。
で、ちょくちょく履いているのだが、履き心地は悪くない。ただ、ここしばらく春みたいな陽気が続いているので、本領発揮はもうちょっと先になりそうな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

今年は早いかも?


自分の家じゃないけれど、昨日、今シーズン初の屋根の雪おろしをしました。
ワンシーズンに何度か、避けられない行事ではありますが、それにしても年明け前に
行なったのは初めてのような気がします。

今年は雪が多いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

今年も始まります。

14021501

今年ももうすぐ「上野の森美術館大賞展」に作品が展示されます。
ここ何年か展示されるのが当たり前みたいになっていますが、これはあくまでも公募展なので、この連続展示もあくまでも偶然の出来事。気が付けばこの機会を除いて、私自身も大きな作品を描く事はほとんど無くなっています。そしてひょっとしたら、この展覧会もこれが最後かもしれません。

結局のところこれまで一度も賞はもらえていないけど、いつか賞を頂いて東京の美術館で展示したいな、なんて野心と下心を胸に頑張って来たけれど、もういい加減、夢から覚めた方が良いのかも(苦笑)。

まあ、そんな訳で今年も一般入選ですが、4月25日から5月1日まで(ただし4/30は休み)上の作品が展示されてます。
もうこれ以上ないくらい「寒い」作品に仕上がっていると思いますので、時間のある方はぜひどうぞ。

*上野の森美術館大賞展のサイトはこちら>> Click!




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

今年はこれで...

14021501_2

気が付けば毎年恒例の公募展はこれ一つぐらいかな。

と言う訳で今年も無事、上野の森美術館大賞展、入選しました。

初めての100号、和紙&蝋貼りで、アトリエ中が大変な事になってしまいました。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

寒い日が続きます。

20140117

正月くらいまでは「今年の雪はたいした事無いのかな」なんて油断していたら、先週の半ばくらいからアレよアレよという間に降り続き、気が付けば大事になるほどの降雪量になったここ秋田県南地域。
こうなると、雪寄せ、雪降ろしの毎日で、いい加減心も身体も寒いやら痛いやら、疲れるやら。

いつまで続くか判らない不毛とも言えなくもない毎日ですが、そんな中で淹れて飲む珈琲は一杯の潤滑油のように身体と心にしみて行きます。

ただ湯気を眺めているだけでもちょっとだけすくわれるような気持ちになります。



さあ、今日も頑張るか!



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

森と雪

13120803

今回の記事のタイトルだが、放射能に汚染された地球を救うため旅に出た、とある宇宙戦艦の女性クルーとは、特に関係ない。
ちなみにそこに出てくる人類に激似の敵の宇宙人たちが、実は最初皮膚の色まで人類とそっくりだったが、地球人の執念深さに恐れをなして、ある時から青く(緑?)なったと言うのはあくまでも噂であり、余談である。(ただし途中から青くなったのは本当。)

久々に学校山に行ってみたら、雪の積もって白くなった所と、木陰で雪が積もらずまだ黒いままの地肌のコントラストが、なんとなく新鮮だった。

ただこれもほんのわずかの間だけ。

もう少しで人も立ち入ることができないくらい、一面の真っ白な森になります。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (2)

2013年12月 5日 (木)

根雪はまだ先の先?

002

初雪の方は、だいぶん景気よく降ってくれましたが、その後がなかなか続きません。
気温も平年並みなんですが、何しろあの初雪の頃がけっこう冷え込んだので、それに比べたら、かなり過ごしやすい感じです。


な〜んて書いたら、突然くるんだよね、スゴいのが...



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

雪解けとともに

13040603

毎年通りの事なのかどうかはともかく、一ヶ月ぶりに訪れた帯広市内にはすでに雪の姿もなく、これで霧雨さえなければ、すっかり春の装いを見せてくれそうな雰囲気でした。

そんな中、搬出作業を進めましたが、何せ梱包したのも3ヶ月も前の事ですから、ちゃんと元の箱に戻して梱包し直せるかどうかちょっと不安でしたが、終わってみれば1時間ちょっとで片がつきました。

六花亭さんのおかげで、前回、そして今回と、私のルーツである北海道という場所で展覧会を行なう事ができて、本当に良かったなぁと思っています。
だいたい、生まれ故郷とは言っても、一度離れてしまうとなかなか戻って個展を開催するとなると、会場をみつけるなどなど、色々と難しい事ですから。
それにしても、これでしばらくは彼の地での展覧会の予定もありませんので、次はいったいいつになる事やら...

そしてそんな事を考えながらちょっとだけ感傷に浸りつつ?ゴソゴソとやっている私の後では、次の展示予定の若い作家さんがお店の人と打ち合わせをしながら作業を進めていました。

ということで、雪のたくさん積もっていた私の作品たちも、外の世界の雪解けと一緒に、いったんこの場より退場いたしたいと思います。

どうもありがとうございました。

13041103



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

片付けに行ってきます。

13030104

1月から始まった六花亭での個展ですが、いよいよ本日で終わります。

「3ヶ月という長丁場」ではありましたが、終わってみれば「あっ!」と言う間、というか会場に滞在する機会もなかったので、終わってしまうと言う実感が沸いて来ないどころか、時々開催していること自体を忘れてしまうこともあったような(汗)!

正直に言えば、私の施工ミスで会期の半ばにもならないうちに作品が転落し、お店の方にもずいぶんとご心配やご迷惑をかけてしまう(大変申し訳ありません!!)など、反省点の方が多かった展覧会かもしれません。

そんな訳で一ヶ月ほど前にも、展示状況の確認も含めて、様子を観に行きましたが、100枚用意した目録(上の写真)もすでに無くなっていたり、芳名帖にも感想などが書かれていたりと、自分の実感以上には色々と反応があったのかもしれません。

この展覧会が彼の地にどの程度浸透したのかは察する術もありませんが、せっかくまいた種なのだから、小さな芽でも良いから出れば良いのにな...と思う今日この頃です。


お世話になった方々、そしてご覧になって頂いた方々、本当にありがとうございました。

Dmweb

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中野修一 絵画展

樹をさがす。道をみつける。

会 場:六花亭 西三条店 二階喫茶室(北海道帯広市西三条南1-1-1)
会 期:2013年1月7日(月)〜4月6日(土)
時 間:11:00〜18:00(ラストオーダーは17:30)



お近くにお寄りの際は、ぜひ足をお運び下さい。

 
 

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

霧の中の風景

13040106

13040107

13040108

13040102

13040103

13040105

13040109

確か、そんなタイトルの映画があったなぁ。



春はもうすぐそこまで来ているようで、

今さらどうあがいても仕方がないようだ。







 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中野修一 絵画展

樹をさがす。道をみつける。

会 場:六花亭 西三条店 二階喫茶室(北海道帯広市西三条南1-1-1)
会 期:2013年1月7日(月)〜4月6日(土)
時 間:11:00〜18:00(ラストオーダーは17:30)



お近くにお寄りの際は、ぜひ足をお運び下さい。

 
 

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

より以前の記事一覧