« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の記事

2016年1月28日 (木)

ただ欲望のために!?




こんな風なタイトルにしてしまうと身もフタもない内容みたいですが、要はどうしてこんな面倒な絵をせっせと描いているのか、という話。

「細かい作業で大変ですね。」
「途中で嫌になったりしませんか?」

なんてことを時々聞かれますが、まさしく細かくて面倒で、正直ウンザリすることもあります。

じゃあ、どうしてここまで描き続けて来られたのか?

その答えは至極簡単で、それは…

自分自身がその完成作を早くみたい!からです。

基本、どの動物も街並みも実物や参考にしている写真と変わるところがほとんどありません。しかしこの「都市と動物」が組み合わされることで、それはどこにもない一風変わった風景になります。
もちろん描く前には、下描き用に合成され、プリントアウトされた写真はありますが、それ自体は切り貼り丸出しの、お世辞にも魅力的な写真ではありません。
それが私の手によって一つの作品として描き込んでいくと合成ぽさが消えて、風景と生物がなじんできます。

要するに、誰よりもこの私が完成された作品をいち早く見たい!という強い気持ちが、全ての苦労や煩わしさをはね返し、私を制作へと誘うのです。笑

普通の風景画でも静物画でも基本は同じように自分が見たいものを描いている、という点では変わりません。

普通の絵に関していえば、ただ写実的に描いている点においては、そのモチーフに近づいて行くだけでそこから離れ全然別なものになることはほとんどありませんが、「都市と動物シリーズ」では、それぞれのものをどんなに写真のように描いたとしても、出来上がるのは現実にはあり得ない風景になります。

私は、ただ、そのあり得ないはずの風景が見たいから、今日も一心不乱に描いています。

ただしその試みが成功か否かは?完成するまでわかりませんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

技術の進歩




いわゆる「街並み」シリーズを描き始めたのが、今から20年くらい前の話で、まだまだアナログな時代。
だから街並み制作のためには、フィルムで分割して撮った写真を、ホックニーよろしくパノラマにつなげてそれを台紙に貼り、さらにその上から透明ビニールを貼り、赤ボールペンで1センチマス目を描いて、それを基準に拡大描画&着彩をした。

それから数年後、写真自体は変わらずアナログだったが、それをスキャナーでパソコンに取り込み、当時から10万以上するPhotoshop(当時は独身貴族)で、パノラマ合成し、レイヤーでマス目を重ねてプリントアウトして描画に利用するようになった。
写真5枚もつなげればパソコンも動きが鈍重になり、不便な事も多々あったが、それでも一枚ずつ写真を微妙に変形することで、パノラマ合成特有のつなぎ目のズレを目立たないようにできるという点では、画期的なツールとの出会いだった。

そして知人からデジタル一眼を借りたのをきっかけに、写真自体もデジタルへと移行し、現像代による家計への負担が大幅に削減された。
ある時「取材にいって来る。」と言って大阪に出かけ、大阪城やら通天閣などの名所スポットにも足を運びながらも、気がつけばフィルム3本全てどこかよくわからない街並みの分割写真だけを写して帰ってきた、なんてことがあったことを考えてみると、現像も含めこの分の出費がほぼゼロになったことの意味は大きい。苦笑

そして今年、プリンターの故障を機に、着彩用写真の高精細プリント(あくまでも家庭用プリンターの性能の範囲内)をやめ、こんな風にモバイル機器に転送した写真を見ながら描くこととなった。
これならキャリブレーションの類いも神経を使わなくて済むし、解像度の範囲内なら拡大も自由にできてチョー便利。心配なのは途中でのバッテリー切れと、絵の具の乗っかったパレットや筆洗ツボにモバイル機器を落とすんじゃないかという点くらいで、それ以外不便な点は、今のところ思いつかないのでしばらくはこの方法で行こうかと思っています。

次はどんな変化がやってくるのかな?
楽しみでもある反面、ちょっと怖いような気もします。

ただ道具の進歩とはウラハラに、私自身は視力や集中力の低下、肩こりや時々やって来る腰痛など、加齢による劣化がとまりませんが。ハハ!汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »