« アートフェア、初日。 | トップページ | 「夢」講座 »

2014年11月15日 (土)

832個のマス目

20141115_172717

5センチ平方のマスが、約832個。

これだけ塗りつぶすと100号の作品が完成します。
その1つ1つのマスの中にどれだけの数の建物があるのかは分かりませんが、例え一マスだけでも数えるのが嫌になるくらい細かい作業がひたすら続きます。

こうなれば、完成までに必要なものは、才能とか感性(そんなものは最初の下図の段階で大いに発揮されるもの)とかじゃ無くって、ずばり「やる気と根気」。いつ終わるとも知れない下描きの鉛筆入れと、それの後の写真と照らし合わせての着彩作業。

「完成した作品の色の響きやカタチの美しさが、人々を感動させる」というよりは、その細部の果てしなさに驚くと言った感じ。
スプレーアートやサンドアートの様に、出来上がった作品そのものよりも、むしろその過程が物珍しい、というか、この細かい作業を完成させるための気の遠くなるような労力に感心しているだけなのかもしれない。

まあ、例え本当にそうだとしても、私にできる事、やるべき事は何も変わらないのだけれど。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html

「楽園を捜して」Facbookページ

  https://www.facebook.com/searchingparadise

|

« アートフェア、初日。 | トップページ | 「夢」講座 »

制作日記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

楽園を捜して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートフェア、初日。 | トップページ | 「夢」講座 »