« 獣の奏者 | トップページ | かって無いハイペース »

2014年9月11日 (木)

眼力

14090401

4年前、秋田シリーズとも言える一連の作品が終了し、この「楽園を捜して」の筆をおいたのには色々と理由があります。

まあ、一番大きかったのは、街と動物を入れ替え続けたとしても、パターンは一緒なんだから、いつか飽きられるだろう(そして自分も飽きるだろう)気がしたから。周囲に飽きられ、忘れられてから尻すぼみに終わるよりは、例え少数のファン?でも惜しまれながら引退?(まるで山口百恵の様に)する方が良いのかな?と考えてのことでした。

そしてもう一つの大きな理由は、加齢に寄る視力低下。
もともとひどい近眼で、お世辞にも「目が良い」なんて言えるような状態ではありませんでしたが、それでも10数年前なら一日中こんな細かい作業をやっていても(疲労こそはすれど)目がかすれるなんて事はありませんでした。

ところが数年ぐらい前から、6〜7時間も作業し続けると、その日の夕暮れ時には視野が狭まると言うか焦点が合わせられなくなると言う感じになって、作業のペースがどんどん落ちてくるし、細かい色の違いなんかも判別できなくなって来る始末。

そんな身体も気遣ってのシリーズ終了でしたが、何の因果か再開してしまい、かって無い程のハイペースで、作品を量産?しています。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html

「楽園を捜して」Facbookページ

  https://www.facebook.com/searchingparadise

|

« 獣の奏者 | トップページ | かって無いハイペース »

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

画廊・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 獣の奏者 | トップページ | かって無いハイペース »