« 海を越える | トップページ | 今年もやってます。 »

2014年5月24日 (土)

次へ

14040115

初アートフェアも無事終了し、まずまず...というか、それ以上に思いがけない成果がありました。

このシリーズ自体、小品も初めてで、同じ理由から販売するのも実質初めてでしたので、どうなるのかは正直、始まるまで半信半疑でした。「ビギナーズ・ラック」という言葉もあるので、たった1回の結果に一喜一憂する気もありませんが、「やっぱり、このシリーズは好まれてるのかも?」という実感は当たらずとも遠からずだったのかな?
実際、このシリーズがひょんな事から海外のサイトで紹介されてからの色々な動き(自分の意志とは関係ないものも含め)を考えてみれば、「国内ばかりに目を向けていても仕様がないのでは?」というそのとき抱いた漠然とした想いが、ちょっとだけ現実味を帯びて来たのかもしれません。

残念ながら、今回は「売れた」という事実しか知りえず、たったそれだけ事から勝手に色々と夢想するのは危険な事ですので、いつか近いうちに実際に現場に行って、その反応を直に感じて行動してみたいなぁ、と強く思う今日この頃。


「日本じゃ売れなかったから、逃げ出すの?」と言われれば、返答に窮してしまいますが、50歳も見えて来たこの歳になれば、今さらなりふり構ってなどいられない訳で、突破口を開くためには「姑息」と言われようと、何もない所を闇雲にブッ叩くよりも、わずかな亀裂でも見つけて打ち破るしかないのかな。


とりあえず、次回はチューリッヒ。


今のところ現場にいけるかどうかはビミョウですが。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 海を越える | トップページ | 今年もやってます。 »

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

新作」カテゴリの記事

画廊・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海を越える | トップページ | 今年もやってます。 »