« 今度は県外!化石発掘の巻 | トップページ | 次へ »

2014年5月 1日 (木)

海を越える

14042301

調べてみたら、世界のあちこちで開催されている「Art Fair」なるもの。
主に世界各地のギャラリーが抱えている作家の作品(作家個人で参加する場合もあり)をブースに並べ見せたり売り込んだりするイベントで、世に沢山ある見本市とかコミケみたいなもの、と言えば良いのかな?

私もその存在についてはなんとなく知っていましたが、この地で活動していると自分の身近に参加した人もないせいか話題になる事さえもないので、どこか遠い所で誰かがすかしたオナラ程度にしか感じていませんでした。
今回、以前からなんとなくお付き合いのあった大阪のギャラリー(現在は移転準備中)さんからのお誘いで、突然参加する事になりました。それもいきなりのニューヨークって言うので、「私みたいな単に油絵の具を駆使しただけの古くさい技法の作品で大丈夫なのか?」と正直、一瞬迷いましたが、ここ数年のあまりよくない状況を打破するためには、今まで通りの事をやっていてはダメだ!と思い立ち、結局迷ったのは一瞬で、その場で参加を決断しました。

何がどう変わるのか、いきなり何かが手のひらを返すように180度変化するなんて事はないんだろうけど、最悪これから落ちるしかないとしても、そろそろここらで一度高く飛び上がっておかないと、どん底まで落ちるしか無い様な気がするので。(勢いつき過ぎて、一気に底まで落ちちゃう場合もありますが。汗)

ただ、不思議なものでアートフェアという物が視界に入った事で、また自分の作品とか周りの現状の見え方もちょっとずつ変わって来ている、と言う点では少なくともよかったのかな。

今回は作品だけの参加ですが、次あたりはぜひ現地にも行ってみて、作品を見てくれる人の感触も、ぜひ直に感じてみたいです。

あくまでも最初の一歩ですが。

*アートフェアの公式サイトはこちらです。>> Click!



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 今度は県外!化石発掘の巻 | トップページ | 次へ »

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

楽園を捜して」カテゴリの記事

画廊・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度は県外!化石発掘の巻 | トップページ | 次へ »