« 今度の「大恐竜展」はスゴかった!! | トップページ | 根雪はまだ先の先? »

2013年11月26日 (火)

残念な常設展。

13112602

先日、秋田県南のとある施設に立ち寄る機会があり、そこで偶然見つけた「池田修三展」。

今年の夏頃?「のんびり」に紹介されてすっかり話題となり、その後各地で巡回展も開催されるなど、今やその作品が日本全国の多くの人に知ってもらった感のある作家さんです。
見たいと思いつつも、お目にする機会を逸していたので「これは好機!」とばかりに用事もほっぽり出して、その物産館らしき建物の2階の特設会場へと足を運びます。

13112601

作品のすぐ横に「トイレ案内」のサイン。

急ごしらえの会場であれば、こんなミスマッチも致し方ないのかな?と、ここは「くすっ」と微笑みつつ会場に入ると....。

13112603

こんな高い所にも作品が...。
(思い出しながら描いているので、正確でないところもありますが、イメージとしてはこんな見上げるような感じ)
この日は照明も消されていたりで、普段どんな風に使われているのか分からない場所ですが、窓が大きくあるため、壁面が確保できず、急場しのぎの苦肉の策とすれば、これはこれで仕方ないのかな?

13112604

消防法なんかの規定もあって、こんな緊急排煙用のスイッチ?を隠してしまうといけないので、結果としてこういう展示方法になってしまうのかな...

13112605

パーティションの影に置いてある会議用テーブルの上に無造作に置かれた作品を発見。
このすぐそばにも作品が展示してあるので、決して「関係者以外立入り禁止スペース」ではないと思いますが...

13112606

そして、極めつけが、この、額の中でズレ落ちている作品。
程度の差はありますが、こんな感じのが2、3点ありました。

デスティネーション・キャンペーンなんかも真っ最中で、全国から彼の作品を目当て来る人もいるのではないかと思います。
大きな美術館とかじゃ無くて良いから、こじんまりとしてちょっとこぎれいな古民家とかをリフォームして、季節ごとに展示替えなんかもするようなスペースで見る事ができたら、きっともっとステキなんだろうな...とか考えてしまうと、色々な意味で、とっても残念な常設展示でした。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 今度の「大恐竜展」はスゴかった!! | トップページ | 根雪はまだ先の先? »

博物館」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

画廊・美術館」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

N 様
コメントありがとうございます。

あの展示は、ホント残念でした。
特に、作品や作家さんに思い出のある方にとっては、なおさらガッカリさせられる代物だったのかもしれませんね。

展示場所や方法を見直せば、いわさきちひろさんや安野光雅さん、藤代清治さんクラスのモノができそうな可能性を秘めているような気がするだけに...ホント残念です。

投稿: 中野 | 2013年12月 9日 (月) 09時04分

こんばんは。ご無沙汰しております。

「池田修三」が気になって検索してみたら秋田出身の版画家だったんですね。知りませんでした。ホームページがあって、作品も観てみたんですが、ずっと以前に目にしたことがあったような気がします。気がするだけかもしれませんが、幼いころの自分を思い出させてくれる力強さが作品にはありますね。(何ともありきたりな感想)

それにしても展示場での作品の扱いがひどいですね。言い過ぎかもしれませんが、「冒涜」していますね。同じ県内の作家さんだけに余計残念に思います。

ではでは。。。

投稿: N | 2013年12月 8日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度の「大恐竜展」はスゴかった!! | トップページ | 根雪はまだ先の先? »