« 嵐を呼ぶ男たち | トップページ | 嵐のあとで »

2013年10月20日 (日)

会場にて

13101602

DMにも使った私の作品を長い時間眺めている女性の方がおりました。
以前までの展覧会でも何度か会場でお見受けする方だったのでお話を伺った所、「以前展示されていた大きな絵で、海に雲間から陽が落ちている絵が気に入って...」と言う話。

よく考えてみると確かにそんな作品がありました。
男鹿半島から見た海をモチーフにして描いた100号の絵なんですが、確かそれを展示したのは5年前(2008年)の秋田で最初の個展の時のことです。
どちらかと言えば2010年の「楽園を捜して(都市と動物シリーズ)」で、私の作品を知った方が多いので、この話にはちょっと驚き、そして感動。

そんな前から見て憶えていてくれている方がいて、こんな風に何度も足を運んでいただけるなんて、本当にありがたい事です。
同時にそんな方々の期待を裏切らないようにと実の引き締まる思いのした、会期中の出来事。


そんな展覧会も今日が最終日。
あいにくのお天気となってしまいましたが、お時間がありましたら足をお運び下さい。


伊藤隆 中野修一 2013 絵画展

*会期:2013年10月16日(水)〜20日(日)
    11:00~19:00(夏より1時間早く終わります。最終日は17時まで)
*場所 ココラボラトリー/秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F


大きな地図で見る



 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 嵐を呼ぶ男たち | トップページ | 嵐のあとで »

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嵐を呼ぶ男たち | トップページ | 嵐のあとで »