« 会場にて | トップページ | 最初で最後の初登山? »

2013年10月22日 (火)

嵐のあとで

13102002

去る日曜日、無事、二人展の方は終了しました。

台風に始まり大雨に終わるという状況で会場の外は、けっして「無事」と呼べる状況ではありませんでしたが、逆に会場内はとても静かに作品を鑑賞できる空間になっていました。
ただ不思議な物で「来場者の波」と言うのがあり、一日の中でも静かな時間帯と混雑する時間帯がはっきり分かれていて、人が多い日でも途切れなく人が来ると言うよりは、突然、嵐のような賑わいになったと思ったら、唐突に人が居なくなる、と言う感じのメリハリのある賑わいでした。
そんな中でしたので、ゆっくりお話できなかったり、落ち着いて鑑賞ができなかったという方もいらっしゃるかもしれませんが、その辺はご容赦下さい。

伊藤さんに関して言えば、正直、この人が居なかったら、「たぶん私は油彩画なんて描いてなかっただろうな。」と言うくらい多大な影響を与えられた人で、「雪」とか「樹」とか「枯れ野」とか、二人とも好きな風景が似ていたりする関係もあって、時々似たような絵を描いていたり(主に私の作品が似てしまう)していた時期もありました。

本来なら先生とか師匠とか呼ぶ所なんでしょうが、当の本人から「卒業したらただの絵描き仲間」と言われ、私もそんなつもりで普段話しているところがあり、きっと周りから見ていると先生なんだか先輩なんだか友だちなんだか判別のつかない関係に見えるかもしれません。
時々、その伊藤さんから「(自分の)この作品どうしたら、良くなると思う?」なんて尋ねられて、私の方も何も考えずに「ここをこうして、あそこをああしたら、緊張感が出て良いかもしれませんね」なんて偉そうに言ってしまうので、余計そうなのかな。

そんな端から見ているとよく判らない関係の二人ですが、いざ「作品を並べる」と決まると、無意識のうちにもお互いを意識しながら、直前まで良い緊張感を持ちながら制作を続け、作品を並べる事ができたんじゃないかと思います。
「世界ノカケラ」のように次の予定がはっきりしている展覧会ではないので、この先どうなるかどうかは判りませんが、お互いが元気なうちにまたいつかこんな風に並べてみたいなぁ、と思う今日この頃です。


わざわざ会場までお越し下さった皆さん、そして応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。


伊藤隆 中野修一 2013 絵画展

*会期:2013年10月16日(水)〜20日(日)
    11:00~19:00(夏より1時間早く終わります。最終日は17時まで)
*場所 ココラボラトリー/秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 会場にて | トップページ | 最初で最後の初登山? »

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

画廊・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会場にて | トップページ | 最初で最後の初登山? »