« 作品と空間の関わり | トップページ | 北海道は「化石王国」?!その1 »

2013年8月29日 (木)

私にとっての「特別」

13082103

13082102

富良野の「パッチワークの丘」みたいに半ば人為的に作られたような風景は別として、これくらいの風景なら別に北海道くんだりまで行かなくたって、丁寧にさがせば自分の周りにもありそうな気がします。
夕焼けや朝焼けの奇麗な光でもあれば、自分の家の二階の窓からだってみつけられるかもしれない風景で、そう言う点では別に珍しくもない風景なのかもしれない。

でも何故かわからないけれど、実家に帰省してこんな風景を眺めていると、なんか「特別な風景」に見えてしまうんですよね。

まあ、ブログに書くほどのことじゃないのかもしれないけどね。

 

13082003





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 作品と空間の関わり | トップページ | 北海道は「化石王国」?!その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作品と空間の関わり | トップページ | 北海道は「化石王国」?!その1 »