« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月31日 (土)

北海道は「化石王国」?!その2

13082304

1枚目からコメントに迷うような写真からスタートします本日のブログも、昨日に引き続いて北海道のとある博物館の紹介です。

北海道を流れる石狩川沿いには4つ(あるいは5つ)の「川」の字の付く町が並んでいるのですが、そのうちの一つ、滝川市にあります「美術自然史館」。
その名の示す通り1階が自然史に関する展示で、2階には郷土の芸術家の作品が並んでいたりする建物です。

13082305_2

続きを読む "北海道は「化石王国」?!その2"

| | コメント (0)

2013年8月30日 (金)

北海道は「化石王国」?!その1

13082206

正直、大きな稼ぎがある訳でもないのに、こうも毎年北海道までわざわざ家族で帰省している理由の一つが、彼の地が「知られざる化石王国」であり、そのせいでそれにまつわる展示を行う博物館が多いからであります。

「日本で化石発掘」と言えば福井県を筆頭に、熊本県や兵庫県、はたまた福島や岩手が有名だったりしますが、実を言えば北海道も、昔から海生爬虫類やアンモナイト、哺乳類などの化石を非常にたくさん産出している場所であります。
 

13082201

今日紹介するのは北海道の観光地としては超メジャーなかの富良野から車で1時間ちょっとの所にある(旧)穂別町(現在は合併して鵡川町)にあります「むかわ町立穂別博物館」です。

ここも過去に「化石で町おこし」を考えていたような痕跡が町の至る所にある場所で、その痕跡の一つの様にも見える少々古めかしい博物館に一歩脚を踏み込むと、こんなクビナガリュウの化石が私たちを迎えてくれます。
 

続きを読む "北海道は「化石王国」?!その1"

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

私にとっての「特別」

13082103

13082102

富良野の「パッチワークの丘」みたいに半ば人為的に作られたような風景は別として、これくらいの風景なら別に北海道くんだりまで行かなくたって、丁寧にさがせば自分の周りにもありそうな気がします。
夕焼けや朝焼けの奇麗な光でもあれば、自分の家の二階の窓からだってみつけられるかもしれない風景で、そう言う点では別に珍しくもない風景なのかもしれない。

でも何故かわからないけれど、実家に帰省してこんな風景を眺めていると、なんか「特別な風景」に見えてしまうんですよね。

まあ、ブログに書くほどのことじゃないのかもしれないけどね。

 

13082003





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年8月28日 (水)

作品と空間の関わり

13082302

「共存共生」と言うのでもないのかもしれないが、最近、この辺りでは作品を戸外に持ち出して空の下に置いてみたり、古い蔵や商店街に並べるのが、何かのブームみたいに大流行りで、ただの絵描きの私としては非常に肩身が狭く、息苦しささえ感じさえしてしまう。
まあ、そう感じているってことは、私の心のどこかでそう言った行為に憧れたり、嫉妬したりしていることの裏返しなのかもしれないけれど、もともとそんな所に焦点を絞って作品を作っている訳でもないので、そんな行為に至かどうかは今後の作品次第なので焦っても仕様がないと、マイペースを決め込む。

そんな中、ちょっと仕事を離れた旅先で見つけた展覧会に一目惚れしてしまう。

それは北海道は富良野のワイン用のブドウ棚に囲まれた傾斜地にある「神々の遊ぶ庭」という一風変わったギャラリーで見つけた「果澄」という作家さんの個展。

13082301

こんな感じのギャラリーなんで、作家によってはこの窓からの借景がうるさい、と感じる方もいるのかもしれないけれど、そんな風景までも見事に自分の「世界」の中に取り込んで、上手に一つの作品展に仕上げている感じでした。

ワンシーズン通しての展示なので、近くに住んでいたら時々足を運んで、季節の移ろいとともに変化する窓辺の風景と一緒に作品を鑑賞したら、楽しいだろうなと思わせてくれる展覧会でした。

13082303

本来、ガラス窓によって仕切られているはずの外側と内側の空間を、作品によって見事に繋ぎ合わせる演出に感動し、ある意味打ちのめされもした素敵な展覧会。

今年の11月まで開催されてますので、皆さんも富良野まで出かけた際はぜひ足を運んで見て下さい。


 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年8月15日 (木)

北の国から...とどきました

13081511

本日「着てみたい、北のTシャツ展」さんから、家族3人分のTシャツが届きました。

どれが誰のかは...わかりますよね?


このTシャツが北の大地になびく展覧会も明日にて終了。

お近くの方はぜひどうぞ!



 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

感謝、感謝のプレゼント

13080703

今まで経験したことも無い様な荒天の中で開催された「湯沢市七夕絵どうろう祭り」。
その終了と同時に「世界ノカケラ 第5章 湯沢展」も、去る8月7日、無事全日程を終える事ができました。

最終日には天候も持ち直し、一気に増えた祭りの人出と比例するように、こちらの来場者の方も一気に増え、最後は賑やかに幕を閉じる事ができました。

そしてこんな風に沢山の人に観て頂くことが、我々の支えとなり、さらには皆さまが喜んでくれる姿が、私たちの気持ちを次の展覧会へと向わせてくれる原動力になっていることを痛感した3日間でもありました。

本当にありがとうございました!!

と言うことで、感謝の気持ちも込めまして、このブログの(愛?)読者の方々に、今回初めて作りましたフリーマガジン「世界ノカケラ vol.1」をプレゼントさせて頂きたいと思います
希望者の方はこのブログのコメント欄に郵便番号・住所・氏名・メールアドレス並びに「フリーマガジン希望」(できましたらその理由も)お書き添えの上、ご連絡下さい。
なお、その際のコメントはブログ上にアップしませんし、お知らせ頂いたご連絡先なども、今回のフリーマガジン発送以外の目的では使用いたしませんのでご安心下さい。
なお、誠に勝手ではありますが、部数(そして経済力)に限りがありますので、先着40名(各1冊)までとさせて頂きますので、奮ってご応募下さい。

 

13061104



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

今さら、気付く。

13080305

今さらなんだけど、ここまで描いて結局自分が「光を描いている」ことに気が付く。

一見、樹しか描いていないように見えるけど、実を言えば、樹なんか全然描いていない。
もっと言えば、自分の意識の中でも「樹を描こう」なんて考えは、これっぽっちもない。

私が描こうとしているのはこの空間に満ちている冷たい空気、そして光なのだ。

ここに来てようやく、そんな大事なことに気が付いたのは良かったけれど。私に残された時間はあと3日しか無い。



 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

そう言えば...もう一つ展覧会?!

12081601

そういえばもう一つ参加している公募展があったのをすっかり忘れてました。

それは毎年この時期、北海道で開催されます『着てみたい!北のTシャツデザイン展』。

1000円の出品料とA4サイズ以内のイラストを送ると、事務局の方でそのイラストをプリントしたTシャツを作り、写真の様に展示しながら審査すると言うちょっと他には無いユニークな公募展です。
さらには展覧会終了後、その自分の絵をプリントしたTシャツを参加者全員にプレゼントしてくれるって言う生んだから、何とも太っ腹な企画じゃありませんか。

ちなみにうちは毎回家族で参加しているのですが、今年の作品のテーマ(ほぼ毎年設定されている)が「お菓子」ということで、風景描きの私と恐竜好きのうちの子はずいぶん苦労して描きました。

まあ、テーマがテーマですから入賞なんかはほとんど期待してませんが、中には一つぐらい楽しみながら参加する公募展があっても良いのかな!?





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »