« 雪の結晶を描く | トップページ | 下描き。 »

2013年6月29日 (土)

パウル・クレーの詩

13062901



彼の作品って、ある意味、自分からはかなり遠い存在のように感じています。

でも、いつもなんとなく気になる画家。

「クレーの日記」なんて有名な本もあるけれど、これはたぶん「クレーの詩」って言う名の翻訳で出ている本なのかな。

一箱古本市で見つけて、手製本っぽい装丁に一目惚れして購入しちゃいました。

当然、中身はドイツ語の訳で、意味、さっぱり判りません。

でも判らないおかげで、そのアルファベートの並ぶ1ページ全体が、クレーのタブローのように見えるんですよね。



不思議。

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 雪の結晶を描く | トップページ | 下描き。 »

制作日記」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪の結晶を描く | トップページ | 下描き。 »