« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月29日 (土)

パウル・クレーの詩

13062901



彼の作品って、ある意味、自分からはかなり遠い存在のように感じています。

でも、いつもなんとなく気になる画家。

「クレーの日記」なんて有名な本もあるけれど、これはたぶん「クレーの詩」って言う名の翻訳で出ている本なのかな。

一箱古本市で見つけて、手製本っぽい装丁に一目惚れして購入しちゃいました。

当然、中身はドイツ語の訳で、意味、さっぱり判りません。

でも判らないおかげで、そのアルファベートの並ぶ1ページ全体が、クレーのタブローのように見えるんですよね。



不思議。

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

雪の結晶を描く

13062301

「雪景色」は確かに好きだけれど、まさかここまで行つくとは自分でも思っていませんでした。

下描きのほぼ90%が定規とコンパスによって描かれる世界。
本来なら手描きよりもCGソフトでも駆使した方が、よっぽど楽に大量に描けるのかな?

描き方は単純だけれど、「世界中探しても二つと同じ形は存在しない!」と言うのであれば、好き勝手に帰るのは良いけれど、逆にそれが面倒だったりもします。

とりあえず、今は西日ガンガンの温室のようなアトリエで、そこまでこれと対峙できるかって言う事。
描いた雪は融けませんが、その前にこちらが暑さで融けそうです。


死ぬまでに、いくつ描けるかな??



 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

...だから、できた事。

13061407

例えば「三人の作品をごちゃ混ぜに並べて展示する」なんて方法、他の画廊だったら嫌な顔されるかもしれない。
「借りてるのはこっちなんだから、別に自由だろう?」とは思うのだけれど、あまり気分を害されたりすると画廊によっては「次回はお断り」なんて言い渡される場合もあるかもしれない。(もっともそう言う場所ならこちらからお断りなんだけど)

でも、今回で5回目となるこの場所では、公序良俗に反しない範囲なら、自由にいろんなことをやらせてもらえます。
というか、「ここなら、これくらいやらせてくれるだろう!」と半ば勝手に判断して、自由にやれてしまう雰囲気があって、気が付けば色々な事にチャレンジしてしまいます。
(と言うわりには、そんなに派手な事はしてないか?!)

もちろんそれだけが理由ではないけれど、今回はフリーマガジンを作っちゃったり。

広告一つとらないそんな採算度外視の行為が、結果としてどうだったかはともかく、そんな事をやれてしまう雰囲気。

そしてそれはとりもなおさず、一人じゃ到底できなかった事。

三人だから、思い切って作れたもの。

こんな展覧会自体も含めて、人によっては「ただの遊びじゃないの?」とか「趣味の延長でしょ?」とか言われたりするし、確かにそう見えるかもしれないけれど、私たちはいたって真剣に取り組んでいます。

たいして立派なビジョンや戦略も無いけれど(それはオレだけ?)、「ここだからできる事、三人だからできる事」を探しながら、これからも続けたら良いな、と思っています。


とか言いながら、明日はケンカしてたりして(笑)。

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

ありがとうございました。

13061406

毎度いつもの事ですが、終わってしまえばあっという間の5日間。
さっきまで芳名帖なんかを眺めながら、感慨に耽りつつ、その整理の継続中。(ちょっと疲れたので、気晴らしにブログ書いてます。)

今回は梅雨時とは思えない、カラッとした晴れ間に恵まれて、会期中を通して気持ちよく過ごす事ができました。ちなみに今まではエアコンのスイッチなんかほとんど入れた事無かったけど、今回はフル稼働でした。

正直に言えば、入場者数は増えたとは言え去年と大きく変わった訳ではなく、「300人越え」はおろか、ここ何年か続いている横バイ傾向を払拭する事さえ叶いませんでした。

ただ、会場を通して見ていた感じでは、今まで以上に熱心に見られて行く方が多く、こちらも今まで以上に色々なお話をさせて頂いたり、聞かせてもらったような気がします。実際、前回までだと会場を駆け抜けるように見てまわる方が、来場者の全体の一割りぐらいはいましたが、今回はほとんど皆無で、皆さんじっくりと作品を見て行かれていたようで、これは来場者の総数の上下動よりも遥かに嬉しい変化のような気がします。

あと、単純に外の暑さのおかげで、どちらかと言えば「涼(というか、それ以上に寒)」を感じさせる作品が多い会場の雰囲気を喜んでいる方が多かったのも、印象的でした。

決して「惰性」はよくないとは思いますが、こんな形で5階目を迎える事ができたおかげで、また新たな地平が、ちょっとだけ見えてきたような気がする、ちょっとだけ特別な展覧会になったような気がします。


ご来場された皆さま、応援して頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

 

  世界ノカケラ 第5章

展覧会は無事終了しました!!



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

最初にして最後。だから一期一会?

13061405

正直に言えば、私に限っては、今回の作品のほとんどは新作というよりは、それに先立つ新春から開催した北海道の個展に出品したモノばかり。
ただ両方の地の距離があまりにも遠く、実質、開催地以外の人はほとんど足を運ぶ事のない展覧会だからこそできる流用です。

しかし中には、準備して持って行ったけれども、会場の都合などでそちらでは展示が叶わなかった作品なんかもあリ、今回が初お目見えの物もあったり、またはちょっと展示の仕方が変更になった物もあります。

そして同時に、今回並べた作品のほとんどは、よっぽどの事がない限り、二度とこんな風に並ぶことはありません。
この後、八月には「湯沢展」もありますが、スペース関係で展示できない物もありますし、中には買い上げられて、作家の手元から旅立って行く物もありますから、作家本人にも含めて今回が見納めという作品もある訳です。


そう考えると、誰よりも私自身が寂しいような気もしますが、せめて今日のこの舞台を、最後までステキに演出する事ができたら良いな、と思います。



本日も皆さまのご来場をお待ちしております。

 

13061403
 
 

  世界ノカケラ 第5章

6月12日(水)〜16日(日)/11:00〜20:00(最終日は17時迄)
ココラボラトリー/秋田市大町三丁目1-12 川反中央ビル1F



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

展覧会の楽しみ方(じぶん編)

13061107

展覧会に来て下さった方と、作品を眺めながらお話をします。
作品のテーマみたいな話から細かい技法の事、時には自分のことだったり、相手の事だったり。

一見、ムスッとしてるようにも見えるし、その割には恥ずかしがり屋だったりの私ですが、結局、けっこう話し好きだったりするので、聞かれた事はもちろん、気が付けば聞かれてない事まで、ペラペラと喋っています。

そしてそんな話をしている中で、ふと自分の中で湧き出て来るアイディアがあったり、相手の方の話の中に新作のヒントを見つけたりする事が、「よく」あります。

今回もすでにそんなものを二、三個見つけて、ちょっと時間のある時に、この後の制作について考えをめぐらせています。

そんなグループ展も中日を迎え、ずっと続いた蒼空も、ここらでいったん見納めの様子。



本日も皆さまのご来場をお待ちしております。

 

  世界ノカケラ 第5章

6月12日(水)〜16日(日)/11:00〜20:00(最終日は17時迄)
ココラボラトリー/秋田市大町三丁目1-12 川反中央ビル1F



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

The 5th anniversary

13061104

今をさる事6年前、湯沢市内のとある喫茶店での「何か一緒にやりたいですよね」の一言から始まった展覧会。

次に会った時には、すでに会場もおさえられ、半ば強引に開催が決定したグループ展で、はじまりがそんな感じだから、最初は二回目、三回目と続くだろうなんて考えてもみなかったような気がします。(その証拠に一回目には第◯章なんて付いてませんから)

2人、3人とメンバーも増え、このまま増え続けるのか?と思いきや、そこからぱったり増員も無し。

回を重ねるごとに私以外のメンバーは仕事の方も脂がのってきて、どんどん忙しくなり、打ち合わせの数もどんどん減少。

いつもギリギリの制作をするメンバーに、最初のうちこそハラハラヒヤヒヤしていたものの、今じゃそれが半ば常態化し、誰も焦りさえしなくなったり。
(逆に今じゃ、その緊張感も作品を生み出す原動力の一つじゃないかとさえ思っている)

そんな綱渡り状態のごときグループ展も、今回で5回目となり、ここまで来ればもはや細いツナを渡っている事さえ忘れているかもしれません(笑)。

で、特にそんな事を意識した訳ではないけれど、今回は「特別なモノ」も用意して、皆さまのご来場をお待ちしております。

三人の作家がすくい上げた小さな世界

これはその中の最初に寄せられた一文。

まさに今のこの会の雰囲気を言い表しているのでは無いかと、と勝手に思っています。

先ほども言った通り、5回目だからと言って、何か特に気負ったりしたところがある訳ではないですが、会場にて、この5年を振り返りながら、それぞれの作品を眺めてみるのも楽しいかも?しれません。

  世界ノカケラ 第5章

6月12日(水)〜16日(日)/11:00〜20:00(最終日は17時迄)
ココラボラトリー/秋田市大町三丁目1-12 川反中央ビル1F



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

恐竜と探偵?

13060618

解剖台の上のミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい。
と言う文章がありますが、まあ、美しいかどうかは別として、この児童書の「恐竜探偵」というタイトルには、前文の「出会い」と同じくらいの軽い衝撃を受けました。

タイトルだけをみると「遥か中生代から現在まで人知れず生存を続け、頭脳明晰となった恐竜族の若者が、ある時、好奇心で出かけた先で人間に見つかってしまい、そこで偶然殺人事件に出くわし、それを人並みはずれた?嗅覚で見事解決!」とか、想像してしまいそうですが、残念ながらそこまで壮大な話ではありません。
簡単に言ってしまえば、恐竜好きの少年がその好きな恐竜と絡めて、身近に起きた事件を解決するという少年探偵もののお話。

ただし、「児童書」と言って侮るなかれ。なかには相当専門的な話も出て来るので、丁寧に読んで行かないと、大人でも途中で話が分からなくなって来る可能性あります。

タイトルは奇抜ですが、読み物としてはけっこうしっかりできているので、恐竜好きの子はもちろん、推理小説の好きな子でも楽しめるシリーズです。

恐竜探偵フェントン 1〜5
B.B.カルホーン:著/太田大八:訳/千葉茂樹:絵(小峰書店)



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

発掘体験キット

13060614

正直、中身とは余りにもかけ離れたかわいい柄の袋に納められて販売されていた化石発掘体験キット。
化石展示のある博物館や特別展なんかのミュージアムショップなどでもよく見かけるもので、通常はもう少しそれっぽい箱に、発掘用の小道具と共に収まっていたりしますが、こちらはこの石みたいなモノのみが袋に納まっていかにもシンプル。

昨年の夏に出かけた北海道は足寄町の動物化石博物館で購入したものですが、何が魅力かって、それはこの大きさ
通常市販されているキットの石の大きさ「ご飯茶碗」なら、こちらはまさに「どんぶり」サイズ。ひょっとしたらその博物館の職員さんやボランティアさんが作ったのかもしれません。

13060615

基本、最近の図工なんかの教材でも見られる「石彫用模造石」みたいな掘りやすい素材に、本物の化石を入れて固めた石みたいなモノなので、こんな本格的なタガネやハンマーなど使わなくても十分割れるんですが、いつもより大きいのと、「最初の一発目ぐらいはちょっと雰囲気を味わおうか!」と言う事で試しに使ってみます。

13060616

案の定、一、二度叩いた所で、最初の化石が姿を現しました!(全部で3個入り)

こちらはサメの歯の化石

すでに持っているものよりも格段に大きなサイズで、保存状態も良かったのか、刃物としても使えるんじゃないかと思えるくらいカドがとても鋭く、触感が包丁の刃を触っているみたいです。

13060617

次に出てきたのがアンモナイト

こちらも比較的きれいに発掘された化石の様で、渦の中心部まで模様がハッキリ浮き出ています。

13060701

こちらが最後に出てきた三葉虫

サイズだけで言ったら、地方の博物館なら棚に陳列してあってもおかしくない大きさ(長さ8cm程度)で、「眼」みたいな突起まで見えます。ただこちらの方は部分的に柔らかい所もあって、掘り出す時にけっこう難儀しました。


実際に発掘しようと思うと、場所を探して行くだけでもなかなか大変だし、行ったからといって必ずしも見つかる訳ではないので、「こんなお手軽でも良いのか?」と首を傾げる部分もありますが、まあ、ちょっとした体験をするという点では、けっこう掘り応えのあった楽しいキットでした。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

続・大哺乳類展を観に行く。(書き下ろしイラスト入り)

13060401

テレビの刑事モノのドラマなんかで時々「被害者を割り出すために頭蓋骨を肉付けして、顔を復元する」なんてのを見る事がありますが、要するにそれって頭骨から生前の姿が想像できると言う事が前提にあって、初めて成立する話であります。

実際自分の体を触ってみても、ほとんどの部分で皮膚のすぐ下に骨がある事を確認できる訳で、そんな事実からも漠然と「骨格に肉付けすれば、容易に生前の姿を復元できるだろう」と思い込んでいます。

13060115

この骨格標本を会場で目の当たりした時も、その大きさと長く伸びたキバから、比較的容易にこれが「ゾウの骨格だ!」という事実に行つきます。

ところがここでゾウの身体的特徴にをよく思い出してみて下さい。
 1.耳が大きい。
 2.鼻が長い。

そうやって改めて見てみると、この骨格標本には「長い鼻」も「大きな耳」もありません。
要するに私たちは「想像力」によって、無意識のうちにこの骨格に無い部位までも付け足して見ている訳です。

13060404

逆の理屈で考えれば、こんなウサギの頭骨を見せられても、ウサギの耳が長いという事実も、実際にどれくらいの長さがあったかという事も判りません。
それどころか「ウサギの骨」と言われなければ、なんの骨なのか見当さえつきません。
(それはこの絵の中途半端さとは関係ありません。笑)

13060402

これって、何の頭骨かわかりますか?

先ほどの「皮膚のすぐ下に骨の感触がある」と言う理屈で言うと、ずいぶんんと顔の尖った生き物のような印象ですが...

13060405

正解は「ザトウクジラ」!

なんでもこの頭骨の外側に「音響発生装置(ピンクの部分)」なるものがあるそうです。
(ただそれがどんな事に利用されているかは、まだ諸説わかれるそうですが。)

ただ少なくともこの鋭角な骨格標本からは、この四角い頭を想像するのは、やっぱりちょっと難しいですね。

13060116



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

大哺乳類展を観に行く。その1?

130601013

先日、家族で青森まで出かけたのは、この展覧会を観るために青森県立「美術館」に行くのが目的でした。

この展覧会、そのタイトルからも想像できる通り、哺乳類の剥製と骨格標本が所狭しと並んでおりまして、正直、博物館ではなく「美術館」で開催されているという事実に、少し違和感が無い訳ではありません。
(逆の、博物館で「絵画展」なんてのはほとんど聞きませんから)
ただ、郷土資料などの常設展を主とする地方の博物館と、どちらかと言えば「企画展在りき」という考え方の強い美術館とどっちが開催しやすいか?とか、普段あんまり寄り付かない小さな子どもたちなんかにも美術館に来てもらおうなどという思惑とか、そんな諸々の事を考え合わせると、まあ、これはこれで意義のある企画展だと思います。

実際、こうやって哺乳類、しかも標本に絞って展示する事で、今まで動物園などでも漠然としか眺めて来なかった動物たちについて、新たな見方を示唆してくれたと言う点ではとても興味深い展示でした。
そんな展覧会で私なりに気が付いた事を徒然と書いてみます。

13060110

13060111

上の2つの写真はいずれも「サル」と言われる動物の骨格で、上の大きいのが「ゴリラ」、下の方の全体に小さくて、目の凹み大きいのが「リスザル」。
どちらの頭骨も違いこそあれ、これと人間の頭蓋骨を並べてみせられて、「人間はサルから進化しました。」と言われれば、なんとなく納得できるような気がします。

13060112

そして上2つの標本の間に置かれていたのが、この骨格。
実を言うとこれも「シロクロエリマキキツネザル」という、やっぱり「サル」なんですが、この引き伸されたような鼻先を見てしまうとウサギかネズミの類いとしか思えません。

同じ「サル」(正確には霊長目)といえども、こんなにも違うんだな、と思わず見入ってしまいました。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

あの歌が聞こえる、懐かしの航路

13060103

今週末ギリギリまでかかるだろうと踏んでいた絵どうろう制作が案外早く終わったので、急きょ予定を前倒しして青森まで出かける事に。
予想通り、遠い道のりではあったけれど、学生時代を弘前で過ごした事もあり、全然知らない町という訳でもないので、同じ遠くても福島などに行くよりは、気持ち的には幾らか楽ではありますが。

一番の目的は美術館だったのですが「せっかく来たのだから」ということで、青森港に展示してあります青函連絡船を観に行きます。

13060104

私、そして妻も、今から20数年前の大学生の頃、実家に帰省する際にお世話になった青函航路(ただしこの船に乗船した事があるかどうかは不明)。
もっとも途中からバイクを利用しやすい民間のフェリーに鞍替えしたりもしましたが、トンネルが開通するまでの間は、一番手頃な帰省のための脚でした。

で、そんな当時を懐かしもうと、上の写真のような展示を期待して行ったのですが、その意に反して客室部分のほとんどは、この船が活躍していた昭和の時代の青森の町の様子を、ベタなマネキンなんかを利用して再現するスペースと化していて、すでに「古びた」と言うよりも「古ぼけてきた」展示に、妻と二人、かなりガッカリ。

13060105

良くない事は続くもので?操舵室や展望デッキに上がってみると、橋脚が邪魔してせっかくの八甲田山も台無しの風景。
こうなったら諦めムードも頂点に達してしまい、あとは残りをさっさと見て、とっとと帰ろう!な空気になってきます

13060106

ところが一般船室の下階にある「しゃりょう甲板」に降りて、この光景を目にした瞬間、一気にヒート・アップ!「メカものオタク」の血が騒ぎ始めます。

今でこそフェリーなんかは自動車を載せる「車両甲板」ですが、むかしはこんな風に貨物列車なんかをそのまま載せられる「車輛甲板」だった訳です。
もともとそれよりもさらに遡る事十数年前、教育TVで見た映像でその事自体は知っていたのですが、実際に列車が乗り降りするシーンを目撃した事も無ければ、関係者以外立ち入る事のできなかったであろうこの空間を目の当たりにする事ももちろん無かったので、これはやはり驚きの光景でありました。

13060107

13060108

さらにその下のエンジンルームや機関室なんかも見学できます。
やっぱり「萌え」ます。

13060109

就航当時を忍ぶ「メモリアル・シップ」としての役目を果たしているこの船も海に浮いている訳ですから、当然老朽化も進んでいるので、いつまでその役目を全うすることができるのかはわかりません。
とりあえず「閉館」と言う話は今のところ聞こえては来ませんが、万が一そうなる前に、一度は目にしておいても決して損のない「展示物」だと思いました。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »