« 世界は日の出を待っている...ようですが | トップページ | 中身は違います。 »

2013年2月 4日 (月)

「テレピン焼け」...たぶん造語

13020107

専門的な話で恐縮ですが、作品の途中のおつゆがけ(薄く溶いた油絵具を画面に塗って透明感のある層を作る技法)の時にはダンマル樹脂溶液を使います。

で、この溶液なんですが、基本テレピンという植物由来の揮発精油という溶剤を使っています。
植物由来とはいえシンナーみたいなもんですから、画面に塗った段階でどんどん揮発して、アトリエ内の空気はあっと言う間にテレピン臭で充満し、慣れない人なら数秒も我慢できないほどになります。

夏場なら窓でも開ければ良いんですが、こう寒いと窓も開けたくないので、寒気もろくにせずに作業にかかります。

と言う事で、昨日ぐらいからどうもノドの調子がよくありません。
最初は風邪か何かとも思いましたが、熱が出る訳でもなく鼻水が出たり頭痛がする訳でもなく、ただひたすらノドに違和感を感じるのと、いつもより頻繁に痰が出るくらい。

さりとてたいした対処をするでも無く、今日も作業を進めるわけですが、ふと、この状況を説明するための言葉として「テレピン焼け」と言う言葉を思いついた次第であります。

毎年、時々起こる症状なんで、これからは便宜上こう呼ばせてもらう事に、勝手にしました(苦笑)。



  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中野修一 絵画展

樹をさがす。道をみつける。

会 場:六花亭 西三条店 二階喫茶室(北海道帯広市西三条南1-1-1)
会 期:2013年1月7日(月)〜4月6日(土)
時 間:11:00〜18:00(ラストオーダーは17:30)



お近くにお寄りの際は、ぜひ足をお運び下さい。

 
 

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 世界は日の出を待っている...ようですが | トップページ | 中身は違います。 »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界は日の出を待っている...ようですが | トップページ | 中身は違います。 »