« スキー授業のお手伝い | トップページ | 世界は日の出を待っている...ようですが »

2013年1月31日 (木)

ここから始まる...たぶん

13013101

二十歳ぐらいだからもう二十数年前の話。

春休みに北海道の実家に帰省のは良いけれど、何もやる事がない。
じゃあ、やる事がないのになんで帰ったかと言えば、同郷のクラスメートが「車で帰るから一緒に帰らない?その方が交通費浮くから」と言う事で帰ったんだと思います。

当時、すでに免許はあったけど、持っていたのは単車のみ。ほとんど自動車は運転した事がなかったのですが、この時の友だちと連れ立っての自由なドライブが、ロードムービーみたいで妙に楽しくて、帰省してから実家の車を借りてひとりでドライブに出かけました。

車を転がし始めたまでは良かったのですが、いざハンドルを握り締めても行き先が思いつかない。
初めての雪道運転にビビりながら思いついたのが、前日テレビで見た「流氷」。

そういえば生まれてから18年間、ずっとオホーツク海のそばに住んでいながら、一度も流氷を見た事がないのを思い出して、海に向けて車を走らせます。

走り易い国道はちょっとだけ内陸を走っているので、途中で見つけた枝道を海に向って進むと....

不自然に真っ平らな雪原が!!

最初目にした時はそう思ったのですが、その真ん中に見える灯台を見つけ、その時初めてそこが海であり、目の前に広がっているのが流氷だという事に気が付きました

海を覆い隠さんばかりのそのスケール感に圧倒されるとともに、美しさというよりも、その異様さにしばし言葉を失い、あっけにとられた状態で、しばらく眺めていました。

そしてその強烈な印象が、その後の私の制作の方向性(今にして思えば生き方そのもの?)を決定してしまったと言っても過言ではないのかもしれません。



  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中野修一 絵画展

樹をさがす。道をみつける。

会 場:六花亭 西三条店 二階喫茶室(北海道帯広市西三条南1-1-1)
会 期:2013年1月7日(月)〜4月6日(土)
時 間:11:00〜18:00(ラストオーダーは17:30)



お近くにお寄りの際は、ぜひ足をお運び下さい。

 
 

 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« スキー授業のお手伝い | トップページ | 世界は日の出を待っている...ようですが »

個展」カテゴリの記事

冬と雪」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スキー授業のお手伝い | トップページ | 世界は日の出を待っている...ようですが »