« 「運送料も自腹」という秋田県の暴挙。 | トップページ | タイム・スリップ? »

2012年11月 8日 (木)

みんな知らなかったのかもしれない?

12110609

「認可がおりる前から建物を建て始めるのは如何なものか?」

先日、大学設置の不認可(正確には「認可の取り消し」?)について尋ねられた民主党の岡田さんがそんな台詞を漏らしていて、それを聞いていた私も「確かに、そうだ!」と強くうなずいていましたが、色々調べて見るとそうじゃないらしい事がわかってきました。

乱暴に言えばここで言う所の「認可」とは
「(相手が要求して来た)書類や条件が不備無くそろっていれば、認める。」と言うか認めざる終えないそうで、今回の場合、その条件の中に「建物の3〜4割りができていなければならない」というのもあるそうで、それに沿って校舎を作っていた学校側(この場合は秋田市)には何の落ち度も無いと言うか、「条件通り準備していたのにそりゃ無いぜ!」というのが、もっとも正しい言い分なのかも知れません。

だから認可を取り下げた田中大臣も、コメントした岡田さん、そしてこの私も「認可」という言葉の意味を全然知らなかったという事になります。

恥ずかしい...話です。(私も含めて)

でも冷静に考えると、これって「作ったもん勝ち!」という事で、お金さえあれば何でも準備できるし、机上でならどんな大きな事も言えるんだから、これから先も大学は増え続ける可能性はそのまま残り、それじゃ根本的な「大学の増え過ぎと質の低下」に対する解決策はまだ何も準備されていない訳です。

だから定員割れの大学など、質の低下してしまった大学に対しての「認可を取り消す為の条件」みたいな物が整備されないうちは、少なくとも倒産でもしない限り、その数が減る事はないのです。
(そんな大学にも助成金として税金が使われているのかと思うとイラッ!とする。)

そして熱さが喉元過ぎてしまった我々は、また明日から何事も無かったように日々の忙しさに追われて行くのでした。

チャン、チャン!!
 
 



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら

  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition

  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 「運送料も自腹」という秋田県の暴挙。 | トップページ | タイム・スリップ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「運送料も自腹」という秋田県の暴挙。 | トップページ | タイム・スリップ? »