« 13年前の今頃 | トップページ | 火の鳥かと思った! »

2012年9月14日 (金)

道を見つける

12091203
今年の春先に見つけた場所。
湿地帯を横目に見ながらこんな道を歩いて行くと、丘の斜面を利用した放牧場のような場所があったり、ちょっとした廃屋がひっそりと佇んでいたり。

この場所自体は以前から時々足を運んでいる所なのですが、今年の6月ぐらいに初めてこんな道をたどって奥まで行ってみたところ、その時からなんとなくこの「道」の事が頭から離れず、「機会があったらまた行ってみたい。」とずっと思っていての再来でした。

でも「また何で、こんな道なんだろう?」とちょっと考えながら歩いていると、すぐに答えが見つかります。

要するに子どもの頃に見た懐かしい風景だったという事。

自分が生まれ育った北海道の田舎では、40年近く前はまだ、国道以外はみんな砂利道で、「ちょっと探検に行こう!」なんて言いながら山の方に入って行くと、こんな風なジャリさえ敷かれていない道が沢山ありました。
(確か中学校のマラソンコースの一部もこんな場所だった)

で、この道を歩いていたら、そんな懐かしい思い出が沸き出してきて、このまま歩き続けたら、その時代に逆戻りできるような、ちょっと甘酸っぱい錯覚にとらわれるのでした。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 13年前の今頃 | トップページ | 火の鳥かと思った! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 13年前の今頃 | トップページ | 火の鳥かと思った! »