« 「不必要なモノ」を売る!? | トップページ | ミュージアム三昧。 »

2012年4月22日 (日)

無為無策の痕跡

12042201
たくさんの巨大遊具が並んでいて、毎年子どもたちの歓声で賑わっていたはずの広場。
その遊具たちは、年を追うごとに荒れ果て、いつか消えて行く。

「豪雪で壊れるのだから仕方がない!」

とは言うけれど、でも、そんな事は豪雪地帯に住んでいれば、当たり前にわかるはずの事
だから、何のいい訳にもならない。

新しい物を作る時は、たくさんお金が入って喜ぶ人が居る。
だから、田舎者に限って、目新しいものをどんどん作る。

しかしそれを運営管理するための長期的な展望も無ければ、予算も準備していないかのように、いつかそれは消えてなくなる。

「そこに行けば楽しい遊具があるはずだから...」

そう思って出かけて行くと、すでにその面影しかなかったり、あってもボロボロで今にもケガをしそうな遊具だったり。

こんな言い方はしたくないが、あえて言わせてもらえば、 こちらに来てからそんな風に裏切られる事が非常に多い。

こんな事が続くと、正直、「この県では子育てなんかしない方が良いよ」と、ついつい周りにも言ってしまいそうになるし、少子高齢化の抑制に向けてどんな新しい取り組みをしようが、誰も信用なんかしてくれなくなると思う。

「子どもたち、そして市民が楽しめるように...」

たぶん、そう口にして予算を組んだであろうお役所の人たちは、今、何をしているのでしょうか??

そして次は何を消し去るのでしょうか?

12042202



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 「不必要なモノ」を売る!? | トップページ | ミュージアム三昧。 »

子ども遊び場」カテゴリの記事

小学校」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「不必要なモノ」を売る!? | トップページ | ミュージアム三昧。 »