« 四年生 | トップページ | 一緒に歩く »

2012年4月15日 (日)

朝を待つ

12041502
例えそれが最高だろうが最悪だろうが、一日は終わり、やがて次の日が始まる。

どこかにはっきりとした区切りがある訳じゃないから、日が開けたからと言って具体的に何かが変わる訳じゃないけれど、少なくとも気持ち的には何かが切り替わるような気がする。

いや、単にそう思いたいだけだろうか?





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 四年生 | トップページ | 一緒に歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四年生 | トップページ | 一緒に歩く »