« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月30日 (月)

夜桜

12043001
「前森公園に絵どうろうが飾られているよ。」
そんな話を聞いたので、昨日出かけてみました。

ちょうど見頃を迎え、ライトアップされたサクラの樹々の下、ぼんやりと浮かぶように並んでいる絵どうろう。
こんな使い方もあったんだなぁ、と感心しながら夜桜見学を楽しみます。

続きを読む "夜桜"

| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

梅とサクラ

12042903
梅は見頃を迎え...

12042904
気のせいか、空は慌ただしくなり...

12042902
サクラは梅に嫉妬する...





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

春のお客さま

12042801
G.W.初日。

今日は天気も良くなって、なんかワクワクしてきます。

陽気に釣られたのか、いつもはあんまり見かけないお客さまもやって来ます。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

花見散歩

12042701
晴れていれば、子どもと一緒に早朝サイクリングの予定でしたが、生憎の雨降り。
明け方には、ちょっと持ち直してきたので、一人で花を捜しにきます。

12042702
昨日辺りから、ようやく庭の梅が咲き始めます。
去年はこの時期に北海道に出かけたんだけど、その前日ぐらいに、この梅の木の前で家族で記念撮影をしたんで、開花時期は「去年並み」という事でしょうか?

12042703
「それじゃ、うちのサクラはまだだけど、他のは?」
という事で出かけると、近くの公園では...

12042704
すでに2、3割りぐらい咲いてるでしょうか。
うちの梅と同じくらいの割合ですが、花の数が多い分だけこっちの方が見栄えはしますが。

12042705
せっかくだから...と足を伸ばして堤防のサクラも見に来ますが...

12042706
川沿いのせいか、こちらはもう少し時間がかかりそうです。

それにしても、両側にあったはずの桜並木の一方が無くなってしまった姿を見るにつけ、まさに「片手落ち」というか、何とも物足りない感じがして、思わず寂しい気持ちになってしまいます。

それでもサクラが花開けば、もう少し気分も晴れるのかな??




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

疾走!夕空サイクリング!!

12042501
「道路が乾いたから、出かけようか?」

そう声をかけて、二人自転車で出かけます。
(学校から「道路が濡れてたら自転車に乗らないようにとのお達しが出ているそうな!なんで?)

12042502
「濡れてる道路」と「午後5時過ぎ」とダブルの掟破りなので、子ども的には気乗りしていない部分もあったようです。

だから学区を出るまでは「誰かに見られるんじゃないか?」とビクビクしながら乗ってましたが、学区を出て、人の少ない田んぼ道に入ると俄然元気が出てきました。

12042503
無闇に心まで縛り付けるようなルールは、如何なものか?と思います。
まあ、そこまで言わないと無節操や無批判に自由に振る舞ってしまうのが子どもですから、仕方ないとも言えるのですが。

12042504
気が付けば、そろそろ晩ご飯の時間です。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

会場はこちらです!

12042401
現在、秋田県立近代美術館で行われている展覧会、「100〼詣 巡 横手」展

会場がどこだか判らなかった!!

という展覧会に出かけた知人からの声に答えまして、ここで会場への生き方を指南。

「100〼詣展」への道!

1.B1階の受付前を通り過ぎたら、同じフロアーにあるエレベーターに乗ります。
 (本来は一つ上の階からエスカレータに乗るのですが、震災以降使用停止になってます。)
2.5階でエレベーターを降りたら、廊下に出て左手へと進む。
3.「安野光雅展」に後ろ髪を惹かれつつも、その入口を横目にひたすらまっすぐ歩くと...

12042402
  こんな看板のある5階のエントランスホールに出ます。
4.そのエントランスホールを突っ切った反対側に目をやると...

12042405
そこが会場のふれんどりーギャラリーです!!

12042404
こんな風に、それぞれの作家さんの想いが込められたマスが、総勢100個並んでいます。
皆さんもお気に入りのヒト升を見つけてみて下さい。

ひょっとしたら会場には受付の方とか居ないかもしれませんが、近くのテーブルに、出品作家の略歴なんかも書かれたポートフォリオもありますので、そちらもチェックしてみて下さい。
あっ、でも誰も居ないからって、勝手に作品に触ったり持って帰ったりしちゃダメですよ!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12042403
本当ならこのエスカレーターを使ってホールに辿り着き、左に行けばこちらのギャラリー、右に行けば特別展...なんて言う風に、人の流れもスムーズなんでしょうが、震災から1年以上が過ぎましたが、今だに動く気配はありません。

たぶん、思うにパリのポンピドゥー美術センターのそれを模して作られたであろう、この長いエスカレーター。
この美術館の目玉の一つでもある訳ですから、一日も早く復活させて欲しい物です。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月23日 (月)

ミュージアム三昧。

12042301
前日の秋田県立近代美術館の「安野光雅展」や「100〼詣展」に引き続き、この日は盛岡でミュージアムの梯子をしてきました。

続きを読む "ミュージアム三昧。"

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

「不必要なモノ」を売る!?

12042101
たった数本の単三電池で動く小さなロボットが、グランドキャニオンをロープで登ったり、東海道を大八車を引きながら走ったり、24時間耐久レースのコースを三輪車で駆け抜けたり...

そんな企業CMを見た事がありませんか?

そんなユニークなロボットの開発者である高橋智隆さんが、昨日20日に地元の青年会議所の企画で行われた講演会「ゆざわ未来塾2012」で、お話をして下さるという事で、子どもとその友だちを連れて出かけてきました。

会場に詰めかけていたのは、ほとんどが地元や近隣の高校生で、親子連れなんかは私たちくらいでした。

「学歴を云々する人は居るが、やっぱり京大というブランドに助けられた」
「手を動かそう」
「学生の特権を活かそう」

などなど、専門的な事柄に加え、そんなご自身の経験をもとに語られるお話は、基本的には高校生なら充分に理解できる内容で、冗談なども交えながらの語り口は大人の私でも充分聞き応えのあるものでした。
さすがに小学生ではチンプンカンプンの部分もあったようですが、時折CM映像や実物のロボットの実演などを織り交ぜてくれたおかげで、集中力も最後まで途切れる事無く聞き続ける事ができました。

その実演で最後に見せて頂いたのが"ROPID"と言うロボットの滑らかな動きに、会場の一同が驚きの声を上げていました。

「作りたいモノ」を作る
「不必要なモノ」を売る。
「用途」は後から誰かが考えれば良い。

講演の終わり頃に語られたそんな言葉がとても印象的で、ステキな講演会でした。





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

今度は県南で!!

12011401
お待たせしました!!

いよいよ、あの100〼詣展が横手にやって来ました!!

100〼詣 巡 横手
ヒャクマスモーデ メグル ヨコテ

4月20日(金)〜5月6日(日)
秋田県立近代美術館 5F ふれんどりーギャラリー
秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46(秋田ふるさと村 内)

県南ではもちろん、秋田市外でも初となる移動展。
秋田県内在住、そして県に縁のある作家たちばかりの作品100点が一堂に会する展覧会で、「秋田県内には、こんなモノ作りをしている人がいるんだ!」と言うのを知る事のできる絶好のチャンス。
そして同時に「この作家がこんな作品も作るんだ!」というように、いつもとはちょっと様子の違う作品を出品している作家さんもいたり。

一升桝という限定された空間の中で、それぞれの作家さんたちが今にも溢れ出そうなくらいに、技量と感性を注ぎ込んだ作品を見る事ができます。

G.W.期間中の開催ですので、明日から開催の「安野光雅展」と合わせて、ぜひお越し下さい!!

(注:上の写真は一月に行われた100〼初詣展のものです。)



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

最近、こんな感じで始まります。

12041801
木製パネルに膠と胡粉の混ぜ物で綿布を貼って、さらにチタン入りの胡粉下地を施します。

そこに鉛筆で下描きをいれたら、薄墨をザーッと塗って、さらに墨で陰影の強弱を付けます。

その後、ダンマル樹脂溶液の透層で、それまでに描いた画材を定着させたら、油彩画で描画して行きます。

最近はだいたいこんな感じかな?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

本を作る。

12041609
本と言うよりは画集に近いのかもしれません。

描こうと思うモチーフに合わせて色々な素材を検討しながら、1ページずつ作って行く。

そんな作業が続きます。

いつかお披露目できるかな??



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

一緒に歩く

12041601
この日は、妻が近隣の文化施設に舞台挨拶にやって来る俳優の役所広司さんに会いに行ってしまったので、子どもと二人でお留守番。
中学生の時からの好きな俳優となれば、文字通り、もはや「役者が違い過ぎる!」(ちょっと違うか?!)という事で、焼き餅を焼く気にさえなれず、快く妻を送り出したら、晴天の下、子どもと二人で近所のイオンまで歩いて出かけます。

続きを読む "一緒に歩く"

| | コメント (0)

2012年4月15日 (日)

朝を待つ

12041502
例えそれが最高だろうが最悪だろうが、一日は終わり、やがて次の日が始まる。

どこかにはっきりとした区切りがある訳じゃないから、日が開けたからと言って具体的に何かが変わる訳じゃないけれど、少なくとも気持ち的には何かが切り替わるような気がする。

いや、単にそう思いたいだけだろうか?





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

いつまでも降り続く。きっと...

12041201

そろそろグループ展の準備とか...




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

雪の爪痕

12041101
昨日の晴れ間を利用して、家の周りの雪囲いをはずして行きます。

そんな作業をしながら家のアチコチを見て回ると、色んな所に雪害が見つかります。

12041102
軒下に放置してあった一升瓶ケースもこの通り。

12041103
昨年の豪雪ですでに歪んでしまっていましたが、そうなってしまうとあっけないもので、雪が積もるごとにみるみるとその形を変えて行き、さらに先日の爆弾低気圧が追い討ちをかけるように破壊して行きました。

よく見れば、その他にも小さな凹みや傷跡があちこちに点在しています。


軽く柔らかいはずの雪の爪痕ですが、想像以上に深く食い込んでしまっているようです。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

美術館へ行こう!!

12041001
手に入れました!!

秋田県立近代美術館 フリーパス

一枚1500円で発行から一年間有効。

常設展はもともと基本入場料無料なのであんまり関係ありませんが、このパスの優れているところは特別展も入場可能なところ!!

ちなみにその特別展は、4月21日からは絵本挿絵や風景画で知られる安野光雅の絵本展と、以前の猫の写真展も好評だった岩合光昭写真展「いぬ」があり、どちらもアート自体にそんなに興味が無い方でも十分楽しめるラインナップになっております。

で、この2つの特別展の入場料が合わせて1800円なので、この時点で買って損は無し!

その他にも平山郁夫展なんてのも合わせて見れば合計2800円ですから、ますますお得に!!

もちろんフリーパスですから入場制限などもありませんから、展覧会の内容が気に入れば、何度でも通う事も可能です。

販売は窓口での直接販売のみなっておりますので、お近くにお越しの際に常設展を観がてら購入してみてはいかがでしょうか?

ただ一つだけ注意する点は、このフリーパスは特別展の会期中には販売されていませんので、その期間中に美術館で購入し、その足で展覧会を見に行くと言う事はできませんので、くれぐれもお間違えのないように。

詳しくは下記のサイトでご確認下さい。

*秋田県立近代美術館のサイトはこちら
*年間フリーパスについてはこちら



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

スィート。でもちょっとビター...

12040901
今日は、先日まで子どもに読み聞かせていた本の話。

カテゴリーは「絵本」になってますが、正確には読み物です。

ぼっこ (作:富安陽子 絵:瓜南直子/偕成社 刊)

田舎のおばあちゃんが亡くなり、両親とともに葬儀の準備に出かけて行ったその家で、主人公の少年は「ぼっこ」と言う不思議な子どもに出会います。
その時、「ぼっこ」に言われた一言が予言の様に、その家族はひょんな事からその田舎の家に移り住むようになり、そこから事件が...

「時々遊びに行く分には良いんだけど、いざ住んでみると色々とやっかいなんだよね。」

物語はそんなところから始まります。
今まではどちらかと言えば冒険ものだったり、コメディだったり..そんな読み物が多かったんですが、この本はちょっと違いました。
神出鬼没で素性もよく判らない「ぼっこ」と主人公の少年が、野山をかけ回りながら様々な事件に巻き込まれて行く...というファンタジー的味付けのですが、高度経済成長の時期が舞台になっていて、読み進めて行くうちに、昭和から平成へと時代が変わり、それとともに失われてしまった何かがやんわりとにじみ出てくるような作品でした。

そんなノスタルジックな感じが、小4の子どもにどの程度感じられるのかは判りませんが、ただ甘いだけでなく、ちょっとホロ苦さも感じられる一冊でした。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

復活の呪文?

2040401
久々にやってしまいました。

パソコン上で写真を保存していたフォルダーの一つを誤ってゴミ箱に捨ててしまい、そのまま消去。
改めて撮った写真をその中に加えようとした時にそのことに気が付いたのですが、すでに後の祭り。
一瞬頭が真っ白になってしまいましたが、深呼吸してから消去したファイルを復元させるソフトを起動開始します。

昔と違ってHDDも大容量化されてきているので、検索だけでも約4、5時間。
さらにそのリストの中からそれらしいファイルを5000枚ほど選び出し、復元ボタンを押してから、それらのファイルが実際に復元されるまで、さらに2時間。

さらに約3日間かけて、それらの写真データを日付順に整理します。

とりあえずかなりの枚数が復元できたので一安心と思いきや、整理を進めて行くうちに失われているデータが結構ある事に気が付きます。
今となって具体的に何が失われたかも、どの程度失われてしまったか判るはずもありませんが、「5000枚も復元できた!」と喜ぶべきか、「5000枚しか復元できなかった!」と嘆くべきなのかは微妙なところ。
逆に昨今の著しい記憶力低下によって「失われたものがはっきりと判らない」という事が、ある意味一番の「不幸中の幸い」なのかも知れません。

とにもかくにもずいぶんと時間と労力のかかる「復活の呪文」でした。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

Good-bye, our Legacy !

Dscf6716
登録は平成7年3月だから、今から17年前の車。

気が付けば妻よりも長い付き合い。
と言うか結婚前のお忍びデートもこの車でしていたし、生まれた我が子を病院から連れてくる時に乗せたのもこの車。

M100号までなら車内にギリギリ積み込めるし、特製キャリーでF100号5枚を屋根に載せるなどして、最近は展覧会の搬入なんかも近場はこの車で済ませていました。

車好きの人からみれば、「大事にしていた」とは言い難いような扱い方で、走行距離18万キロを越えた辺りから、エンジン辺りからオイルが漏れ気味になり、最近ではボディーのみならず、ブレーキ周りまで錆び付いて、いよいよ修理代もウン十万を越えてしまうような感じで、手放す決心をしました。

気が付けば私たち家族とともに今日まで一緒に過ごしてきた車でした。

最後にみんなでシャンパンで...との子どもの思いつきでしたが、あいにく家にはなかったので、手近にあった炭酸水で代用してのお別れ会です。



今日まで、本当にご苦労様でした。

ありがとう!!




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (2)

2012年4月 1日 (日)

「色褪せない」思い出

1225007
最近、パソコンの動作ミスによるトラブルで、どうしてもバックアップ用のHDDが必要になり、古いものに久々にアクセスしてみたら、その中から初めての欧州旅行の画像データを見つけました。

その旅行自体は25年前近く前で、当然の事ながらデジタルカメラなんて影も形も無かった頃なので、全部フィルムによるものですから、たぶん何かの時にそのフィルムをスキャンしておいたデータなんだと思います。

パック旅行でずいぶん良いホテルにも泊まったし、夕食は毎回フルコースで国替えの移動には飛行機を使ったりと、後にも先にも無い様な贅沢旅行でした。

何しろ初めての海外で、見るもの全てが珍しく、電話ボックスとか街灯とかゴミ箱のはてまで撮っていて、今となっては何を写したかったんだか、意味不明のコマも沢山あったり。
おまけに覚えたての白黒現像のおかげで、持って行ったフィルムが白黒とポジのみ。カメラは大学の先生に借りたContaxのRTSだったような?(思えばこの時の経験が、後の私をこのカメラとレンズの深みにはめたような気がする)

それから20数年経って、自分の頭の中の思い出はすっかり色あせているのに、これらのフィルムの色は今だ褪せる事なく、鮮やかに発色してくれています。

1230006



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »