« 雪降ろし | トップページ | 続く »

2012年2月 8日 (水)

うちの骨董/日本語タイプライター

12020801
製造年を見たら、昭和18年と書いてあったから、家にあるものの中ではもっとも古いものの部類に入るかな?

以前働いていた職場の物置を整理していた時に偶然見つけたもので、「もう誰も使わないから」(そりゃそうだ)という事でもらってきたものです。
日本語タイプライターといっても、打てる文字はカタカナと関数字と()などの記号がちょっと。

実際、リボンなんかも使えないので、文字をうつ事はできませんが、一応、紙送りも正常に動くみたいなんで、キチンとレストアすれば使えると思います。

「どんな風にうてるのかな」とものは試しと、付いていたリボンにインクを染み込ませて使ってみたところ...

12020802
な、なんと縦書き!!

こういった機械は全部横書きだと勝手に思い込んでいたので,
これを最初に見た時は軽いカルチャーショックに落ち入ってしまいました。
この文字の形などを見ると、ひょっとしたら電報とかを打つために使用されていたのではないかと思います。





中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  http://nakanoshuichi.com/

Shuichi NAKANO official website / English edition
  http://nakanoshuichi.com/eng/top01.html


|

« 雪降ろし | トップページ | 続く »

雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪降ろし | トップページ | 続く »