« 虹色に輝く | トップページ | 第2回 現代美術選抜展 »

2012年1月16日 (月)

マブを落とす。

12011601

ピシッ!

家の中で、こんな木材の軋みが発するような音を聞いてしまうと、やっぱり落ち着かなくなります。
徐々に積み重なって行く雪は、静かに家全体を押しつぶして行き、昨日まで何の苦もなく開いていたふすまや引き戸が突然渋くなって来るのです。

という事で、やっぱり思い直して、午後も遅くなってから「とりあえずマブだけ落とそう」と決意し、屋根に登ります。
もっと早い時期なら、下の方から飛び出ている部分だけを切るように落とせば良いんですが、これだけ厚みもあって、飛び出して来て、おまけに下の方はツララとともに硬い氷になってしまっていては、下手に下から突こうものなら、落ちて来た雪に押しつぶされる可能性もあるので、上から落とす作業に切り替えます。


80センチぐらいは積もっているでしょうか?
雪庇みたいに屋根本体からはみ出ている部分を踏み抜かないように、十分気をつけて作業を始めます。

12011602
こんな風に一気に落ちると気持ち良いです。
落とす方もそれを計算しながら、雪を割っているのですが...

これくらいなら15分もやれば、全部落としてしまえますが、問題はこの後。
この落ちた雪のほとんどは、下の屋根の上に乗っかったままな訳で、これを放置しておいては、重量的には何も変わらないので、この後これを完全に下に落とす作業が待っています。
正直、落下の衝撃で重く締まってしまったこの雪を落とす作業の方が、はるかに大変です。

全ての作業が終わった頃には、日もとっぷりと暮れています。

              ×       ×       ×

最後に、今日の衝撃映像!(撮影:うちの妻)...

12011603
実はこれ、エクトプラズマとかオーロラとかの類いじゃなくて、舞い上がった雪煙にたまたまフラッシュの光が反射しただけなんですけど、見た時、ちょっとびくりしました。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 虹色に輝く | トップページ | 第2回 現代美術選抜展 »

冬と雪」カテゴリの記事

コメント

さくら様
コメントありがとうございます。
そして今年もよろしくお願いします。

「まぶ=いい女」はすでに死語ですね(笑)。

「まぶ」は「まぶた」の方言?で、閉じかけたまぶたみたいに軒から垂れ下がって来るので、そう言われているようです。
実を言えば、この反対側はこれより凄まじい状況で、サメの歯みたいに、ツララが横だけでなく縦にも4列ぐらいに並んで生えてきています。
もうそろそろやらないと、危険な状態です。

投稿: 中野 | 2012年1月16日 (月) 14時31分

こんにちは(*゚▽゚)ノ

今年もブログ楽しみにしてます!

毎日毎日、雪雪雪…。も〜、一日おきにしてくれないかなあと思いつつ。
屋根からでっぱった雪を「まぶ」って言うんですか?いい女?(笑)
うちもあまりにでっぱって、落ちて人にあたったら確実に事故になるほどに成長して
しまったので、昨日落としました。でも屋根雪はまだのっしり。家にヒビが…。

衝撃映像の写真すごーい、かっこいい!
風ってこんなふうに複雑に舞っているんだ…おもしろいですね。

投稿: さくら | 2012年1月16日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虹色に輝く | トップページ | 第2回 現代美術選抜展 »