« 雪が跳ねる! | トップページ | 神社のイメージ »

2011年12月25日 (日)

御年越し

11122406
まだクリスマスも明けてないんですが、年越しの話です。

と言っても、我が家の事じゃなくて、同じ町内にある稲荷神社の話。

湯沢市ももともと城下町だったせいか、散歩がてらアチコチのぞいてみると、小さな神社が各町内一つぐらいの割合で点在しています。
私の地元の北海道ではあまり見ない光景なのですが、さらにその神社ごとに小さなお祭りをやっているのにもちょっと驚かされました。

で、その小さなお祭りなんかを取り仕切っているのが、「格年」という町内からランダムに選出された数名の男たち(たぶん神事ごとなんで男性のみ)なんですが、今シーズン、その役目を仰せつかってしまい、来年の6月ぐらいまでは、ちょこちょこと動かなきゃならなくなりました。

で、その格年の最初の仕事が本日の「お年越し」なんです。


神社の前に幟を立て、お供え物をして神官さんにご祈祷?お願いする、という感じで、格年の人はその準備やなんやかんやで早朝から夕方の5時ぐらいまで、神社に詰めてならなければならないそうです。

そうやって神様をお迎えし、新しい歳に向けて準備を進めるという事なんでしょう。

神社とはいっても、もともと街の集会場も兼ねた小さな小屋みたいな場所で、一昔前なら夏休みの子どもたちがみんなでそこに集まって勉強なんかもしたそうですが、この辺りは新しく移り住んできた人も多い場所なんで、最近ではその存在自体を知らない人も多くなってきているそうです。

おかげでこの格年のやり手もなかなか見つからなかったり、維持のための寄付集めにも協力してくれる人が少なかったりと、運営や存続も難しくなってきている感じです。

とりあえずこれからその準備にこれから出動する訳ですが、こんな大雪になってしまい、まずは参道の除雪作業から...と思うとちょっと辛いです。

何たってその前に自宅の方の雪よせもしとかなきゃならないんで...



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 雪が跳ねる! | トップページ | 神社のイメージ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪が跳ねる! | トップページ | 神社のイメージ »