« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月31日 (土)

ここで終わり、そしてここから始まる。

11123101
本年度の加筆はこれにて終了。
このまま引き続き、来年になったら再開します。

まあ、制作に関して言えば、展覧会や公募展が一つのけじめなので、年末とか年度末はあまり関係がないし、そもそもあんまり季節感も無いので、始めも終わりもあいまいと言えば、あいまいそのもの。

今年は例年になく公募展の出品なんかは少なかったが、始めての場所で個展をやったり、3回目のグループ展も無事開催できた。

その事に関して自分自身がどう思っているかはともかく、こんな風に続ける事ができたのも、見に来てくれる方々のおかげです。

その度に色々の意見や感想を聞きますが、

「毎回楽しみにしています。」
「見に来て良かった。」

なんて言葉を聞くと年甲斐も無く嬉しい気持ちになります。

普段は偉そうに「自分一人でなんでもやってます」的な涼しい顔していますが、本当は展覧会の度にかけられる言葉にどれだけ励まされ、それがどんだけ明日への活力になっている事か!
「今が」「今年が」という訳ではなく、家族はもちろん一緒に制作をする仲間たちや、叱咤激励してくれる皆さんに対して感謝の気持ちでいっぱいなんです。

ただそれをどう表現して良いのやら判らず、不器用な私はこんな風なチープな言葉の羅列になってしまいそうで、結局言葉少なになってしまいます。

2012年はいよいよ我が家の家計も崖っぷちで、どんな風に制作を続けて行けるのかも全くわかりませんが、それでもまたいつかどこかで、新作などをお目にかける事ができれば幸いと思いますし、結局はそれが一番の感謝の気持ちを表す術なのかも知れません。

自分勝手に自分の見た世界を表現するだけで、どれだけの人に喜んでいただけるのか、それは私にも判りませんが、とりあえずまた来年もここから始めます。

本当に一年間、ありがとうございました。
また皆さまにどこかでお会いできるのを楽しみにしております。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月30日 (金)

旬の食材

11123001
大根がたくさんやって来ます。
お店で買ったものもあれば、ご近所さんや知り合いから頂いたモノもあります。

旬の食材なんで簡単に調理しただけでも十分美味しいんですが、「こんな機会だから...」ということで、先日(妻が)作ったのが、柚甘酢和え。

これも火も使わない単純なレシピですが、けっこうハマりました。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

ちょっと早いペース

11122901
一昨日はちょっと屋根に登って、雪降ろしをしました。
(とりあえずマブを落としただけですが。)

雪の多かった昨シーズンでも、12月中に降ろすことは無かったので、ある意味、昨年よりもちょっとペースが早いような感じです。

だからと言って「今年も雪が多い」と安直に判断する訳には行きませんが....

嫌な予感が的中しないことを祈ります。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

振り返る...締めくくる...

11122701
いよいよ歳も押し迫ってきたせいか、いろんな人のブログなんかを眺めていると、この一年を振り返るような文章がチラホラ目につくようになってきました。

という訳で私もそろそろ、と思ったけれど、やっぱり止めました。

理由は?と聞かれても上手く答えられないけれど、とりあえず振り返るのも締めくくるのも止めておく事にします。

後悔も反省もしない男は、ある意味、潔いのかもしれませんが、結局のところ、成長もしない男なのかもしれませんが...



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

神社のイメージ

11122601
時代劇なんかで時々出てくる村民の寄り合いのシーン。

「おら、もうこれ以上年貢なんか収められねえだよ!」

そんな悲痛な叫びを上げているシーンの背景が、よく見ると神社内だったたり。

村人たちがお金を出し合って社を建て、神様を御祭りする場所。
と同時に、何かの相談をしたり、話し合いをする場所でもあった神社。

今回の御年越しが行われたのもまさにそんな場所で、中にはトイレや簡単な流しもあって、ちょっと前までは本当に町内にの寄り合いはここで行われていたそうな。

しかし新しい町内会館ができ、世代が交代して行き、さらに新しい住民も増えた今では、その存在自体を知らない人も多くなり、実際、今回の御年越しのお参りにこられたのも数名で、しかも年配の方ばかり。

町内の寄り合いの場所としての機能も無くなってしまい、さらには信仰する神が多様化してしまった昨今、そんな場所を町内会を中心に有志で存続させて行く事の意味から、問い直さざるを得ない状況であるのは間違いない。

しかしながら普段近所に住んでいながらもほとんど顔を見た事のない人たちが、こういった準備から集まり、その傍らで、自分たちの仕事の事や世間話をしながら交流して行く機会なんて、こんな事でもなければほとんど無いような気もします。
もちろん「上手くやって行けるかな?」という不安もありますが、逆に言えば普段からこういった形でコミニュケーションをとっていれば、近所付き合いも世の中ももうちょっとスムーズにいくんじゃないのかな?という感じもあります。

面倒くさい事もあるし、できればやりたくないことなんだろうけど、やってみれば、それはそれなりに得る事も沢山ある役割なんだと思います。

一週間後には再びここに集まって、一緒に年を越す事になります。

11122602



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

御年越し

11122406
まだクリスマスも明けてないんですが、年越しの話です。

と言っても、我が家の事じゃなくて、同じ町内にある稲荷神社の話。

湯沢市ももともと城下町だったせいか、散歩がてらアチコチのぞいてみると、小さな神社が各町内一つぐらいの割合で点在しています。
私の地元の北海道ではあまり見ない光景なのですが、さらにその神社ごとに小さなお祭りをやっているのにもちょっと驚かされました。

で、その小さなお祭りなんかを取り仕切っているのが、「格年」という町内からランダムに選出された数名の男たち(たぶん神事ごとなんで男性のみ)なんですが、今シーズン、その役目を仰せつかってしまい、来年の6月ぐらいまでは、ちょこちょこと動かなきゃならなくなりました。

で、その格年の最初の仕事が本日の「お年越し」なんです。

続きを読む "御年越し"

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

雪が跳ねる!

11122401
空から落ちてきた雪が、こんな風に飛び跳ねて...

11122402
再び風に乗って、どこかへと飛んで行きます。

(どちらの写真もワンクリックで拡大します。)



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

キャラデコか??

11122202
「今回の誕生日ケーキはフォーゼにしたから」

その妻の言葉に一瞬、耳を疑います。

実を言えば年末はうちの子どもの誕生日もあって、どうやらそのケーキの話なんですが、これまでも自家製ケーキだったり、あるいは地元のケーキ屋さんで買って来るのが当たり前だったので、まさかこの期に及んで「とうとうキャラデコに屈したか??」(キャラデコとはアニメやヒーローもののキャラの付いた既製品のデコレーションケーキ)と思った訳です。

別にキャラデコが悪いとは言いませんが、ただでさえ家の中にいろんなキャラが溢れているのですから、せめてケーキぐらいはノーマルで行きたい、と言うのが正直なところ。

で、誕生会当日、やって来たケーキの箱を開けてビックリ!!です。

続きを読む "キャラデコか??"

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

色を見つける。

11122109
雪と木立が延々と続くモノトーンの世界のなかで、こんな色を見つけました。

こんな小さな一色が、この世界全体のイメージまで塗り替えてしまったかのようでした。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

止めどなく降る

11122101
緊急な、これと言った用事がある訳でも無く、アトリエにこもってひたすら絵を描いて、時々、外を眺める。

窓の外では、相変わらず雪が降っている。

止めどなく降っていて....

言葉も無く、わたしはただそれをじっと見つめている。

11122102



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

また今日も...

11122001
昨日も吹雪。

また今日も吹雪...

そして...

たぶん明日も...



連日の雪かきのおかげで、

ホント、体力つきますわ。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (2)

2011年12月19日 (月)

雪が舞う。

11121804
昨日。

雪は降り続きますが、時折こんな風に青空、そして太陽も顔をのぞかせます。

それでも積もる雪は確実にその厚みを増しています。

毎日この程度の降雪なら文句はありませんが...



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

モサモサと降る...そして子ネコの行方。

11121801
私的には「モサモサ雪が降る」って言うと、こんな感じ。
(写真をクリックすると拡大するので、気になる人はどうぞ。)

・風が無い中を、雪が止めどなく(舞うんじゃなくて)落ちて来る感じ。
・一粒一粒が絡み合った雪の結晶でできているので大きく、顔を上げて歩くのが億劫になる。
・それでも前を見ようと顔を上げると、風景じゃなくて、雪粒の方が視界に入って来る。


言葉で表現するとこんな感じ、かな?


そんな風にモサモサと雪の降る中、先週まで家の周りをウロウロしていた子ネコの行く先がちょっと気になります。

11121802



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

一番お似合い季節は?

11121702
前にも書いたかもしれないけど、私的には冬や雪の作品は展示時期が微妙である。

春に展示すれば
「せっかく暖かくなってきたのに、寒いのに逆戻りするみたい」と言われ、

夏に展示すれば
「ちょっと季節違うよね。」と言われ、

秋に展示すれば、
「もうすぐこうなるのかと思うと憂鬱だよね。」と言われ

冬に展示すれば
「なんか外にいるみたいだね。」と言われる。

もちろん、好意的な方もおられるし、中には私みたいにいくら寒くても冬が一番、なんて方もいて救われますが、大体はそんな感じ。

で、吹雪の夜にこんな絵を描きながら、結局は「冬の作品は、冬に展示するしか無いのかな?」とぼんやりと納得する今日この頃。



さて、そろそろ今年初の除雪作業に向いますか...




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

ようやく根雪になるのかな?!

11121503
昨日の昼過ぎぐらいから、冷たい雨が雪に変わり始め、シンシンと降り始める。

雨でぬれた地面に、最初はみるみる融けていた雪たちも、気温の低下とともに徐々に積もり始める。

週間予報ではしばらく湯降雪が続きそうなん感じ。

11121601
ブログをチェックしてみたら、昨年もこの時期の雪が根雪になっている模様。

今年はどうなのかな?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

昨日の朝空

11121502
「これな〜んだ?!」

思わずそんな質問をしてしまいたくなるようなそんな写真。

撮影したときはもちろんなにか判って撮影してますが、こうやって改めて見てみると質感も何もよく判らない写真で、手ブレかはたまたCG加工でも施しているみたいです。

11121501
正解は朝、日の出間際に撮影した空の写真なんですが、白黒写真という事もあるのか、ご覧の通り、下に山並みや電柱が無ければ、なんだかよく判らない写真でした。
(よく見ると飛行機なんかも飛んでます。)

11121403
ちなみにカラーだとこんな感じでした。


でも、こんな極端な色じゃなかったかな??



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

結晶

11121401
ようやく雪らしい雪が積もったある日、散歩に出かけたときの一枚。

レンズのピントに収まるギリギリの距離まで腕を思いっきり伸ばしてシャッターを切ります。

団子状になっているとは言え、こんな平地でも、何とか結晶の形を認識できるくらいには、その形をとどめたまま降り積もる雪。

でも、じっと眺めていると、見る間に融けていって、その音までも聞こえてきそうです。

11121402



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

今度の修理物件は...

11121204
今回の修理はピアニカのケース。

「どうやったらこんな風に壊れるんだ?」

そう問いただしますが、本人もよく憶えていないらしく、どうやら登下校の最中らしいのですが、詳細については不明。
(ただしホントに記憶にないかどうかも微妙。怒られるのが怖くて隠しているという説も)

実を言えばこのピアニカ自体、妻からのお下がり。
普段なら、あまりの物持ちの良さに「もう少し何とか整理してくれ!」と言いたくなる所ですが、そんな中でもこれは数少ない役に立った例かも。

11121301
修理の行程は、ケース本体を開閉ヒンジ部のつなぎ目からバラし、割れた部分を接着してから、裏からパテで補強します。

タミヤのパテでもあれば似たような色だったんだけど、それは無いので20年以上前に一度だけ使った自動車用のパテを流用。
さらに補強のために何か繊維質を塗り込もうと辺りを探したのですが、グラスファイバーなどもちろんある訳も無く、仕方がないので捨ててあったパンストを切って使います。

一応修理は完了したんですが、この寒さのおかげでまだパテが充分乾燥してません!!

今日、学校に持って行くって言ってたんだけど、このままじゃシンナー臭くて使えないぞ!!



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

白でいくか?黒で攻めるか?

11121005
白地に黒で描くと、こんな感じで...


11121007
黒地に白で描くとこんな感じ。
(もうちょっと白くしても良かったかな?)

続きを読む "白でいくか?黒で攻めるか?"

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

裏キャンを作りながら

11121101
通常、市販のキャンバス布を裏返して使う事から、裏キャンと、我々の業界?では呼んでおります。

中には「下地塗りからこだわりたい」という理由でわざわざ裏側を使うときもありますが、そのほとんどが表側の絵が必要なくなったからという事で、裏返して張り替える訳です。

下塗りなどの描画前の行程がやたらと多くなって、面倒なのは確かなんですが、さすがに大作用ともなると、その単価なんかを考えた時、一回きりで捨ててしまうのはもったいないし、さりとていつまでも気にくわなくなった作品をそのまま手元に残しておいても仕様がないし...

という訳でこんな風に裏キャンとして使用する訳ですが、搬入や展示の時にこれをたまたま見かける一般の方が、「これじゃあ、こちらの作品はもう見れないんですか!?」と驚かれて行かれる事があります。

中には作家自身も「そんな事したくなかった」と思いつつも、止むに止まれぬ理由で、そうせざるを得ない場合もあって、そんな時は屈辱的(あるいは自虐的?)な気持ちを噛み締めながら、せっせと張り替えて行きます。


...そしてまた、そんな時期がやって来ました。


そろそろフラミンゴかキリン辺りを犠牲にしなきゃならないかもと、我ながら戦々恐々としながら、つぶせるキャンバスが他に無いかとあちこち探しています。

11121102



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

逆説的思考

11121001
朝6時も過ぎたといううのに、外はまだ真っ暗。
窓から見渡せば、根雪になるんだか、ならないんだか、はっきりしない雪が中途半端に積もっている。

「卯年は飛躍の年だから、今年弾みを付けて...」
「終わりよければ、全て...」

そんな言葉を思い出すに付け、性格の悪い私は「じゃあ、逆だったらどうなるんだ?」とか、つぶやいてみる。


バカバカしいったらありゃしない。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

いつかきっと...

11120901
この植物、何と言う名前だったのかな?

モチーフになるかな?と思って、近所の道の駅か何かの産直で買ったこの植物。
少なくとも3年以上はこんな風にアトリエの窓際に吊るされて、今はすっからかんに干せていて、何かの拍子に、この黒い実がバラバラとほぐれて落ちてきます。

実を言えば、ぐるっと辺りを見渡せば、そんなモノがあちこちに転がっていて、じっと出番を待っているみたいです。

そのどれも見ためにはただの打ち捨てられたゴミみたいですが、眼に入る度に、いつか描けるかも知れないという気がして、なかなか捨てる事ができません。

「機が熟す」とか「時の風化を待つ」とか決して、そんなかっこいい事じゃなくって、ただ単純に、ふっと描きたくなる、というか「描かなきゃな」という気持ちが沸いてきます。

でも、その期を捉えたからと言って、傑作が出来上がる訳ではないんですけどね。

そして気が付けば、私のアトリエには、打ち捨てられたようなモチーフ以上の数のスケッチや作品が、やっぱりゴミみたいに辺りに散らばっています。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

正方形な画面

11120801
写真をやっている人のブログをのぞいていると、時々、ほぼ真四角に写った写真(6x6って言うのかな?)が出てきて、これが文章とのバランスがよく、案外きれいに納まっていたりしていて、自分も一度やってみたかったのだけれど、そんな正方形に写るカメラは持ってないし、後でトリミングするのもなんかウソっぽいような気がしたので、仕方なく自分で真四角な紙に絵を描いてみました。(まだ描きかけだけど)

こんな感じはいかがでしょうか?

まあ、私の場合、それ以前に文章が長過ぎてバランス悪い、って説もありますが...

最近のデジカメは、普通にパノラマモードとかあるんだから、スクエアモードとかあれば良いのに...
それとも私が知らないだけ??



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

昨日のカラスたちは、何だったのだろう?

11120602
昼食を済ませた後、久々に近所の本屋さんまで歩いて出かけます。

家を出て間もなく、どこか遠くから聞こえる大量のカラスの泣き声に、辺りを見渡すと、遥か上空に大量に群れて飛んでいるのを発見します。

カラスが群れて飛ぶ姿は、普段は早朝か夕方にしか見ないので、こんなお昼に、しかもこんな大量のカラスを見かけるのは始めての事。
しかもいつもより飛んでいる高度がはるかに高いし、おまけに同じような場所グルグルと回るようにいつまでも飛んでいます。

しばらく眺めていると、徐々に散り散りになりながら何処かへ消えて行きましたが、普段見慣れない様子を目にして、妙にドキドキしました。

11120701



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

もうすぐやって来る?!

11120601
遅ればせながら、先程めくったアトリエのカレンダーの寒々しい写真を見て、今更ながら今年が終わるまで、もう秒読み段階なのに気が付く。

そして家の中では妻が、さるイベントのためにせっせとこんなモノを作っている。

クリスマスだけは、たいした信仰心もない私のところにも、等しくやって来るみたいですが、とうに純真な気持ちを無くしてしまったせいか、サンタクロースはやって来る気配もありません。

それでもかろうじて子どものところには、今年もまたプレゼントを持ってやって来てくれるようです。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

自転車掃除

11120501
「初雪が降ったら、自転車禁止!」

学校からそう言う「おふれ」が出ているので、冬に備えて自転車を片付ける事に。
雪も積もっていなくて、まだ大丈夫そうな路面を睨んでいる我が子ですが、もう4時を過ぎれば辺りは暗くなってきますし、いつ路面凍結をするか判らない状況ですから、まあ、これは仕方がないでしょう。
(全然関係ないけど、個人的には歩道走行の自転車より、雪道の自転車走行を取り締まって欲しい。)

で、片付けに備えて整備を済ましておこうと思ったら
ボクがやる!

と言うので、早速やってもらう事にします。

と言っても別段難しい事をする訳でもなく、ドロなどの汚れを落として、回転部やワイヤーに油を注すぐらいの事。
一人でチャッチャとやった方が早いような気もしますが、自分も嫌々ながらも父親に教わったおかげで、今でもこんな事やっておこうと言う気持ちになる事を考えると、「子どもにとっても将来きっと何処かで役にも立つかも」と言う、らしくもない親心です。

風の強い中、始めて見てわかったんですが、実を言うとハンドル部に見え始めた錆が気になっているようで、これを落とそうと必死になっている我が子。
ただ残念ながら、すでに浸食が進んでいてそう簡単には落ちず、だいぶん悔しい想いをしていたようです。

それにしても購入してわずか2年あまりで、こんなにメッキ部からさびが出るなんて、私も思いもしませんでした。
見てみると大きな傷もないので、自然に錆びたものと思われますが、雨ざらしにしている訳でもないので、ちょっと早過ぎの感が...

とりあえず気持ちを切り替えて、ホイールのリムやスポークなんかも1本1本きれいして、来年に備えます。

それにしてもこの自転車、そろそろ小さくなって来たような気がします。

来年は大丈夫だと思うけど、その後は....

今から貯金をしておかないと...



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

時どき、道に迷う

11120401
この作品、ずいぶん前にも途中の写真をアップしたような気がするのだが、実を言えば、それ以来ほとんど変わっていない。
というか手を付けていない。

このまま仕上げてもいいのだが、それだとなんとなく、今の心持ちとそぐわないような気がして、なかなか前へ進めず迷っている。

で、じっと眺めながら、この風景を見た時に、何が印象的だったのかをちょっと思い出してみる。


そう、黒い道だ!


もう一度そこから始めれば、上手く行くかもしれない。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

樹をさがす。道を見つける。

11120301
樹をさがしてアチコチ彷徨っていたら、こんな道に出くわした。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

いつでも来なさい!!

11113005
昨日で家の周りの雪囲いも修了。
今年はちょっと遅かったかなぁ?と思いきや、ブログを確認してみると去年も終わったのが25日ぐらいだったのであんまり違いはありません。

これが出来上がると、急に気持ちも大きくなって「いつでも来い!!」的な気分になってきますが、正直昨シーズンみたいな大雪だけは勘弁して欲しいです。
(そんな風に書いた時に限ってなって欲しくない方に転んでしまう。苦笑)

長年雪国に生きてきて判った事は、雪は想い通りには降ってくれないってこと。
降って欲しい時に限って降らないくせに、逆に「もうかんべん!」と思っても、一向に止まなかったり。

まあ、これは雪に限った事じゃありませんし、都合良く降らないおかげで、予想もしなかったような素敵な雪景色を見せてくれるんだから、文句は言えません。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html



| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »