« 海水浴に行く。 | トップページ | 彼らに休みは無いようです。 »

2011年8月12日 (金)

まだまだ頑張って!!/冷蔵庫の霜取り

11081201
以前も「霜取り」の件で紹介したうちの冷蔵庫。

しばらくは調子良く動いてくれてたんですが、この盛夏の最中、異音とともに再び冷えなくなります。
このままだましだまし使うには、あまりにも調子が悪過ぎ、これではこの夏を乗り切れない!という事で「分解清掃」という英断!に打って出ました。

その顛末や、如何に相成りますか?

11081202

冷凍室の扉を閉めたトタンなり出すこの異音から察するに、冷凍室の送風ファン近辺が凍り付いている模様。
で、いつもならここまで(上の写真、ちなみにこれは除去後の映像)の「分解&霜の除去」で済むのですが、見てみるとなんとなくこの内側も凍っているような感じです。

実際、以前の分解のときも内側から膨張してるかの様に、このパネルがなんとなく歪んでいるように見えたにもかかわらず手を付けませんでしたが、今回は「ここも開けてみよう!」と決断し、ネジ一本取り外し、あとは留め具を緩めて引っ張ると...

11081203
そこはまさに 氷の世界!
冷蔵庫だから、ある意味、当たり前だけど...

冷却ファンはおろか、冷却ガスを循環させる管やフィンまで凍ってました。

で、真冬のマブ落としの如く、氷を叩き割りたい所ですが、以前、何かで「無理して叩いて、管を破いてしまった!」というのを読んでいたので、はやる気持ちを抑えてここはドライヤーで融かす作戦を敢行。

11081204
所詮は氷ですから、温風の前には成す術も無く、みるみると融けていきます。
ただ昔の冷蔵庫と違って、もともと「霜取りボタン」なんて機能は無く、という事はこの融けた水はどこに流れて行くのだろう?という一抹の不安。
とりあえず下にフキンもおいて、ある程度溶けた固まりは手で除去しますが...大丈夫かなぁ?

11081205
10分弱程度でこんなにきれいになりました!!

もっともこんな方法、カタログや説明書には無いので、正しいやり方ではないし、メーカーの人が見たら「やめてくれ〜!」と怒られそうですが、これなら送料も作業工賃も無く、待ち時間もわずかで「買った方が安いですよ!」という意味不明の言葉を電気店で言われなくて済みます。

あとは逆の行程で、パネルを戻し、電源を投入。

異音も無く、冷風も調子良く出て来ているような気がします。

あとは再び冷えて来るのを待ちましょう!!

(あくまで個人の責任で行っている作業ですので、自信のない方は絶対に真似しないで下さい。また何があっても当方では一切責任を持ちませんのであしからず。)

11081206



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html

|

« 海水浴に行く。 | トップページ | 彼らに休みは無いようです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海水浴に行く。 | トップページ | 彼らに休みは無いようです。 »