« お待たせしました!/北の大地ビエンナーレの結果 | トップページ | 作品解説/その5 »

2011年5月21日 (土)

作品解説/その4

11052101
今回の作品のタイトルなんですが、お気づきの方もいるかと思いますが「。」が付いているものが多くあります。
そもそも展覧会のタイトル自体も「樹をみつける 」という事で、ここにも「おわりの○」が付いています。

どうしてかと言えば、この展覧会自体をちょっと「物語風」にアレンジしてみたかったから。
今回「体言止め」のタイトルも少ないのも、同じ理由かな。

だって昔話はいつもこう始まるでしょ...

「昔々、ある村におじいさんとおばあさんが住んでいました。」...




11052102


頂を想う。


家から程近い所にある山で、特別高い訳でも大きい訳でもないのだが、そのバランスのとれた形に、この前を通る度についつい見とれてしまう存在です。
こんな風に見ていると、稜線を駆け上がれば一時間ほどで頂上にたどり着いてしまいそうな山で、思わずそうしたい衝動に駆られ、そこを登っている自分の姿を想像せずに入られません。


11052103

波の音が聞こえる。


これは近々に出来上がった作品で、もともとフリマ出店用に水彩で描いたモノを、油彩画で描き直したものであります。
水の透明感は水彩ほどうまく出ませんでしたが、その代わり存在感が強く表現で来たような気がします。

11052104

冬の道標


実家に帰省する度に取材と称して車で出かける辺りにある樹。
いつか描こうと写真を撮っていたようなのですが、その度に忘れてしまい、ようやく初めて絵にした後に、思い返してアルバムをひっくり返してみて初めて、何ども写真を撮っていた事に気が付いた、という樹です。

そのせいかどうかは知りませんが、今では「どんな樹を描こうかな?」と迷った時に、真っ先にその姿を思いつくのがこの樹なんです。


............


これにて階段部分の作品は紹介は終了です。

次からはいよいよ喫茶室内部の作品へと移って行きます。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« お待たせしました!/北の大地ビエンナーレの結果 | トップページ | 作品解説/その5 »

2011/北海道」カテゴリの記事

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お待たせしました!/北の大地ビエンナーレの結果 | トップページ | 作品解説/その5 »