« 今日はここまで | トップページ | 作品解説/その8 »

2011年5月24日 (火)

作品解説/その7

11052401
もっと近づくとこんな感じ。
この方が額の感じも判りやすいでしょうか?

それぞれの絵と模様の付いた箱の中には、どんなモノが収まっているのかな?

そんな事を考えながら眺めてみるのも楽しいかもしれません。

な〜んてね。





11052402


そばに行こうか?


どこかで心惹かれる樹をみつけたとしても、いつだってそばに近づける訳じゃない。
深い笹薮の真ん中に立っていたり、広大な畑の真ん中だったり、ろくな道も無い山の中だったり。

だからと言って無理して近づいてみたら、最初の感動とは程遠いモノになってしまって、ガッカリするなんて事もある。

結局の所、この距離感も含めた全てが「モチーフ」なんだろうと思う。

「もっと近づきたい!」という気持ちも含め...


11052403

朝日のあたる場所から


見て判るかもしれないけれど、震災の後に描いた作品。
「春だから」と言う理由の他に「この震災があったから」と言うのも、「展覧会をもう少し明るいモノにしよう」の方針変更をした理由の一つ。

そう言う割りには充分暗い絵であるし、私自身、「この絵を見た誰かが救われるだろう」なんて事はこれっぽっちも思ってはいない。

「何となく怯えている自分」
「今だ誰かのために何もできない自分」
「何もしていない言い訳を探す自分」

言うなれば、この作品は「そんな自分を隠すための箱」なのだろう。
そんな箱に収めて海の底深くにでも沈めてしまえば、少しは気持ちが楽になるのかも知れないが、海賊ディビー・ジョーンズのハート(心臓)と同じく、どこに隠そうがそれは結局、自分自身であり、間違いなく自分と繋がっていて、断ち切る事などできない。

そしてまたいつかその箱は開けられ、私は目をつぶってきた「私の部分」と対峙しなければならないのだろう。

しかしながら、そんな対峙さえも作品にしてしまおうと画策している「作家根性」が自分の中に垣間見えて、我ながら呆れてしまう。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 今日はここまで | トップページ | 作品解説/その8 »

2011/北海道」カテゴリの記事

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日はここまで | トップページ | 作品解説/その8 »