« 作品解説/その5 | トップページ | 今日はここまで »

2011年5月23日 (月)

作品解説/その6

11052301
昨日から紹介している作品はこんな感じで並んでいます。
(画面向って左側の小品たち)

大きさは0号よりは大きいけどSM号よりは小さいぐらい。葉書よりちょっと大きめって言えば解りやすいかな?

額装に使用したマスキングテープが、妙にカワイ過ぎて、「絵の雰囲気を和らげている」と言えば聞こえは良いですが、「微妙に合ってなくない?」と言われると返す言葉が見当たりません。

でも、イメージは「何かの入った箱」なんで、これはこれで良いのかな。





11052302


もうすぐ着くよ。


これは以前紹介した「広場にて」の樹のあるバージョン、って言えば良いのかな?
あの絵は当初こんな風に樹が描かれる予定でしたが、それが無くなり、でもやっぱり「樹を描いたバージョンも欲しいな」という事で描いた一点。
「吹雪の中で見る景色って、こんな風にぼやけるんだよね。」と単に言いたかった作品なのかもしれない。


11052303

約束を忘れて


「やっぱり春なんだから、明るい作品も必要でしょ!」
と言う事で描いた一点。

にも関わらず、空が晴れてて明るいという点を除いては、霧氷だし、雪景色だし...

この辺り、融通が利かないと言うか、小回りが利かないと言おうか。
「他になんか無かったの?」と突っ込まれても、返す言葉が無い...のが、ある意味「私らしい」のかな?



11052304

もっと遊びたいな。


雪国で生まれ育った子ども私は、冬は雪さえあれば遊びに事欠かなかった。
要するに雪が遊び道具な訳で、雪合戦や雪だるまはもちろんのこと、ただ歩いて足跡を付けるだけでも充分楽しかった。
その頃なら責任も無いから除雪作業だって遊びみたいなもんだった。

雪が降って来る、それだけでもう嬉しくて、たとえ一人でも暗くなるまでずっと外で遊んでたかな?

だからと言って40過ぎても、氷点下の冬の峠道を、酔った勢いで、ろくな装備も持たずに歩くのは、やっぱりダメですよね。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 作品解説/その5 | トップページ | 今日はここまで »

2011/北海道」カテゴリの記事

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作品解説/その5 | トップページ | 今日はここまで »