« 除雪の備え—服装編 | トップページ | 積雪 »

2011年1月13日 (木)

基準がよく判らない

11011301
昨日も、実に良く降りました。

で、今朝も当然、除雪車が入っているだろうと思って、外に出てみたら...

アレレレレレレ・・・・

除雪車が来てません!!

理由は皆目見当もつきません。
ちなみに前シーズンなんか、ろくに雪も積もっていないのに、アスファルトを削りながら、時折火花も飛ばしつつ除雪をしていたのに...

今日はこんなに積もっているのに除雪車は来ません。

仕方がないので、車の周りだけでも除雪しておこうと作業をしていたら、流雪溝の世話係のおじさんが来て「流雪溝だけは時間通り流しますから」という事ですが、気持ちは微妙。だってつまりこの雪は全て人力で除雪してくれ!という事になります。
(注:本来除雪車が走った日だけ流雪溝が使用できます。)

ヤレヤレ....

でもどうして除雪車が来ないんでしょうか?

運転をしている人たちが「一日休ませて欲しい!」というなら、幾らか話はわかります。

しかし「除雪の予算がない!」という言い訳は通りません。

それなら、大して利便性のない「駅西地区開発」や「こまちの館」の予算をこちらにまわせば良いだけの話。

「それは財源が違うから無理!!」

これはもっと聞けない言い訳。

なぜならどっちも同じ市民から集めた税金でしょう!?

有っても無くてもさほど大差のない「駅西通路」と、今絶対に必要な除雪費用。

少ない予算をどちらに使うかが湯沢が住み良い町か、否か?の決め手になるんじゃないですか?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 除雪の備え—服装編 | トップページ | 積雪 »

冬と雪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 除雪の備え—服装編 | トップページ | 積雪 »