« 大阪でグループ展/続報 | トップページ | ラッセル車がやって来る!! »

2011年1月22日 (土)

これはもう立派な災害!

11012201
全国各地で、豪雪による事故、家屋の倒壊などが続いていると言うのに、国はおろか、県にさえ対策本部型寺田と言う話は聞こえてきません。

雪害は地震や水害の様に突然ではなく、むしろジワジワと襲って来るので、わかりにくいのですが、ここまで来ればもう立派な災害だと思うんですが。

そんな折、秋田県では「甲子園で一笑一勝するぞ!」などと言う県民の税金を使ってまでやるべきかどうか、はなはだ疑問なプロジェクトに金をつぎ込んでいるようです

自衛隊のトラックを出してもらって排雪作業を手伝ってもらうとか、全国から除雪ボランティアを集めて来るとか、できることはたくさんあると思うんですが...

まあ、そんなことに腹を立てている暇も無く、今日も容赦なく降り続く雪と格闘しております。

正直、ご近所以外の他人の雪の心配などしてる暇もないほど、毎日降り続きます。

そろそろあちこちから雪の重みによる家屋の倒壊なんて話も聞こえてきて、うちの車庫も冗談じゃなくまずい状態になってきたみたいなので、こんな風に雪降ろしを開始しました。

さすがに樹脂製の透明ナミ板の上に登ることは、滑るし割れる危険もあるので、最初は遠くから手の届く範囲だけを落としてましたが、これだとどうやったって半分しか落とせません。

11012202
で、ここは逆転の発想!

ようするに雪を全部取っちゃうから登れない訳で、下の方の硬くしまった雪を残して雪を落とせば、残った部分が足場になる訳で、そうすればこんな風にドンドン登って行ける訳です。

もっとも、大変なのはこの落とした雪を排せつする作業の方で、近くに流れている堰まで、スノーダンプでせっせと雪捨てです。

そしてどんなに頑張って作業をしても、次の日の朝になれば同じような状況の繰り返しで、「賽の河原の石詰みって、こんな感じなのかな?」などと思ってしまう今日この頃です。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 大阪でグループ展/続報 | トップページ | ラッセル車がやって来る!! »

冬と雪」カテゴリの記事

コメント

Natsuki Izumi 様
コメントありがとうございます。

私も両脇を落として、ストンと落ちる所を見たかったのですが...
この大雪で、両側に落とす空き地を作るのが大変だったので、仕方なく屋根に登りました。

でも正直、高い所はちょっと気持ちが良いです。

投稿: 中野 | 2011年1月26日 (水) 11時52分

不動産屋さんに聞いた話なのですが、牧場とかのロールケーキ型の屋根は、両端下をけずったあと、てっぺんをまっすぐに雪投げすると、上の雪がすとんと両端に落ちるそうです。ただ、その三か所のうちてっぺんだけをやってしまうとぺしゃんとつぶれると聞きました。コツなんでしょうね。ていうわたしは全く雪投げしませんけどね(笑)

投稿: Natsuki Izumi | 2011年1月24日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪でグループ展/続報 | トップページ | ラッセル車がやって来る!! »