« 次回の大作は... | トップページ | 冬の備え »

2010年11月25日 (木)

Kankaku Art Flea Marketにて/その1

10112501
この作品、6月のグループ展に出品したもの。
今回「モノは試し...」という事で、フリマにも持って行って展示してみました。たださすがに1000円前後の商品が並ぶ中で、桁違いの価格を付けるのも気が引けたので、値札も付けずに飾っておいたんですが、フリマの最中も何人かの方に価格の問い合せがありました。

まあ、結果的には売れなかったんですが、中には行きつ戻りつしながら、何度もこの作品を眺める方もいたりして...。

グループ展の時はたいした反応もなかったけれど、置く場所を変えるとまた雰囲気が変わるのか、ただ単にこの周りが全て真っ白な雪景色の作品だったので、これだけが妙に目立ったのか、理由はともかく、今回多くの人の目を引いてくれたような気がします。

鳥海山の麓の牧場の片隅にひっそりと生えている樹で、よくは判りませんが、この幹の色などから察するにブナの木ではないかと思います。

ここを通るといつもクルマを止めて眺めてしまいます。

雪が積もると道路が閉鎖され、ここまで行く事はできなくなるので、今年はもうその姿を見る事はできないでしょう。

冬になれば当然、葉も散って幹と枝だけになるのでしょうが、それが判っていながらも、この樹が真っ白い雪の中で、どんな姿をしてそこに立っているのか想像するだけで、ちょっとワクワクしてきます。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

Shuichi NAKANO official website / English edition
http://homepage.mac.com/sekainokakera/eng/top01.html


|

« 次回の大作は... | トップページ | 冬の備え »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次回の大作は... | トップページ | 冬の備え »