« まだやっています。 | トップページ | 明日の予定ですが... »

2010年10月10日 (日)

「雪霊」を描く

10091901
個展が始まった今だから打ち明けますが、個展用の作品と同時進行で、こんな作品も描いていました。
実を言えば秋は公募展が目白押しで、しかも3年に一回と言うビックな公募展なんかも今年はあるので、そんなのにも応募しようかと秘かに画策しておりました。

ただその公募展もある著名な作家さんの名前を冠したものなんですが、新聞社主催の影響なのか、なんかこう「メッセージ性の強い作品」が選ばれる傾向が強くなってきたみたいで、ただ自然の風景を描いているような私の作品では、正直通るのは難しくなってきました。

数年前、この公募展の授賞式に参加した事があるのですが(一般入選で)、その時の大賞作は「小川を流れる水の様子」をリアルに描いた作品だったんですが、この時の審査員の講評で、ある審査員の方が「ボクはこの作品を選んでいない!(自分以外の審査員が選んだという意味)」みたいな事を言い出して、場内が一時騒然とした事がありました。

それからなのか判りませんが、その「冠されている」作家さん自身がそんなメッセージ性の強い作品を描いていたとは思わないんですが、これもやっぱりスポンサー(新聞社)の意向なんでしょうか?

まあ、今回、箸にも棒にもかからないようでしたら、どんなに賞金が高かろうと、次からはたぶん出さないんじゃないかと思います。

10091902
でも今回は、ある意味、自分が今までと全然趣の異なる作品で勝負する訳で、これが対外的にどんな風に評価されるのかもちょっと見てみたい訳です。

ちなみにこれは降る雪を描いた作品。
テレビかネットか何かを見ている時に「コトダマ」という言葉を思い出し、それじゃこれは「ユキダマ(雪霊)だな」と勝手に決めつけてしまいました。

すでにこのタイプの作品が、幾つかの公募展に出品されています。

総スカンを喰うか、それともどこかに引っかかるか、楽しみな所です。

そして、誰が何と言おうが、自分はやはり、最終的にはこの場所に行きつくんだなぁ、と実感する今日この頃であります。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「楽園を捜して/DM送付申し込み」はこちらから→(Click)


|

« まだやっています。 | トップページ | 明日の予定ですが... »

公募展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだやっています。 | トップページ | 明日の予定ですが... »