« おはようございます! | トップページ | おはようございます!その2 »

2010年10月 7日 (木)

絵から生まれる物語

10100403昔、物語に絵をつけて、絵本みたいなものでも作ろうかと考えた事があります。
で、あわよくば「◯◯絵本大賞展」とかで入賞して、出版して、印税で...なんて夢を性懲りもなく描いていた訳ですが(笑)。

しかし、と言うべきか「もちろん」なのかはともかく、どうやっても上手く行きません。

面白い絵が描けません。
その原因も分かりません。

ただ、文章を説明するだけの絵しかできなくて、なんかこじんまりとしている。

10092603動機が不純なせいなのかな?なんて考えつつ、それでもしばらくは格闘してみましたが、結局その時はあきらめてしまいました。

で、最近はこんなのを大量生産しています。
今回は「売るものがない」ということで、相変わらず下世話で、動機は不純なままですが...。

でも、今回はちょっと違います。

まっさらな水彩紙を眺めていると、自然に「絵の骨格」みたいなものが見えてきて、私はそれをなぞるように鉛筆や筆を動かして行きます。

10100204そんな風にしていると、ディテテールがだんだんはっきりと見えてきて、私はそれが見えなくなる前に、必死に追いかけるように、さらに道具を走らせます。
するといつしか完成します。

「自分で考えて描いている」というよりは「描くべき道を絵が示してくれている」と言った感覚です。

そして私は気が付きます。
絵が自ら物語を語り出している事に。

10100405
私が物語から引っぱり出そうとしたイメージは、結局はその言葉にがんじがらめに縛られて、醜く歪んでいたのかもしれません。

そして今ではもう絵を作る為のストーリーなど無くても大丈夫なのかも知れません。

私はただ、絵から聞こえてくる小さな物語にそっと耳を澄まして(あるいは目を向けて)、それを静かに聞けば良いのかもしれません。

10100702
なーんちゃって。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「楽園を捜して/DM送付申し込み」はこちらから→(Click)


|

« おはようございます! | トップページ | おはようございます!その2 »

個展」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

楽園を捜して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/37081057

この記事へのトラックバック一覧です: 絵から生まれる物語:

« おはようございます! | トップページ | おはようございます!その2 »