« 最後にもう一度/栗駒山 | トップページ | 口内炎が... »

2010年10月31日 (日)

芸術家?アーティスト?それともArtist?

10103104
私は、自分で自分のことを「アーティスト」と読んだことはない。
それはたぶん、自分自身で「アーティスト」と言う言葉の意味がよく理解できてないからだと思う。

例えば「Artist」の翻訳語である所の「芸術家」だが、この言葉が「アーティスト」と言うカタカナ語と並ぶと、その意味やニュアンスが微妙に違ってくる。

...とここまで書いてみて、そんなこと、もうどうでも良くなってしまう。

自分の肩書きがなんであろうと、呼び方がなんであろうと、自分に出来ることは描きたいものを絵に描くだけなのだ、という事に気が付く。

世の中には「社会との関わり」をモチーフにしなければ作品を作れない人や、それこそが「アーティスト」だと思っている人たちが居る。

もちろん私だって(常識的かどうかは微妙だが)、生まれた時から社会と関わってきた社会人ではあるが、そんな「社会」と呼ばれるものには大して興味はないし、そんな物をモチーフにしたいとも思わないし、簡単に文字に置き換えられるようなメッセージなど発信したいとも思わない。そんなことは批評家や作家にでも任せておけば良いのだ。

今も昔も、ただ、どこかで見た風景(の印象)を絵に描きたいだけなのだ。

「そんなのはアーティストじゃない!」というのなら、そんな物こちらから願い下げてあげましょう。

私は「絵描き」になれれば、それで充分です。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html


|

« 最後にもう一度/栗駒山 | トップページ | 口内炎が... »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後にもう一度/栗駒山 | トップページ | 口内炎が... »