« 悪い事もあるさ... | トップページ | 今日の犬っこ清水。 »

2010年5月22日 (土)

「ヒカリ」と「ボク」と

10052201
いつまでたっても始まらない物語を、じっと待っている。

そんな感じ。

言葉の雨はいつ降り始めるのだろうか?

10052202
結局の所、ボクの仕事は、そこかしこに落ちている「ヒカリ」を拾い集める事。

どんな「ヒカリ」でも良い訳じゃないのだけれど、昔はとりあえず片っ端から広い集めて、その中から取捨選択を繰り返していた。

1005220410052203
ボクも、そんな昔よりは、少しは賢くなったのかもしれないけれど、ちょっと油断するとすぐにまたなんでも拾って来てしまう。
性格だから仕方ないと言えばそれまでなのだが、そんな事を繰り返していると、部屋の中は「ヒカリ」のがらくたですぐにいっぱいになってしまう。

そして、いっぱいになればなるほど、その存在感が薄まって行くような気がする。

そしてボクは時々、どうしようもないくらい反省をする。

10052206
こんな所で見つけた「存在感」。

意味もわからなければ、節操もないこの存在感はけっこうピシッとつかまえられたのに、

10052208
「ボク」と言う存在は、いつまでたっても曖昧で、とらえどころがなくて、そんな「ボク」にうろたえ、途方に暮れる「ボク」がいる。

10052207
そんな不確かな存在の「ボク」とは関係なく、「ヒカリ」は確かに存在し、あちこちに今も降り続いている。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html


|

« 悪い事もあるさ... | トップページ | 今日の犬っこ清水。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悪い事もあるさ... | トップページ | 今日の犬っこ清水。 »