« かがやきの丘、一般公開 | トップページ | モチーフのお味は... »

2010年4月 6日 (火)

今日は仮縁作り!

10040601
今日は7日の搬入に向けて仮縁作り。

でも、どうしてよりにもよってこんな色を選んじゃったんでしょうか?
「たまたま二日酔いだったから」というのはこの際、あまり言い訳にはなりませんね。
確かにこんな色がよく似合いそうな「ブルー」な雰囲気の作品かもしれませんが...

10040602前日までに塗装は済ませておいてあります。
紙ヤスリをかける。
  ↓  ↓
塗装する。
  ↓  ↓
乾いたら、再びヤスリがけ。
  ↓  ↓
もう一回、塗装。

穴の位置を決めたら、シタ穴を開けます。
これはビス止めの時に木が割れないようにするための工夫。

1004060310040604

ビスのした穴を開けたら、今度はドライバーの先で、ビス頭が納まるように広めにシタ穴を掘ります。

経験上、ネジ山が食い込むときよりも、このビスの頭が食い込む時に、木が割れる確立が一番高いような気がするので、これだけは絶対やっておきます。


10040605端を木枠に揃えて、ビス止めにしていきます。

以前は「どうせ仮縁だし...」と、あまり考えずに、安価なスチール製のビスを多用していましたが、この自家製仮縁、微妙な調整が利かない故に「外して転用」という事がほとんど無く、一度つけるとつけっぱなしのまま、気が付けば長い年月が経ち、錆びてボロボロ、なんて事があるのです。
で、最近はいくらか保ちの良さそうなステンレス製を使うようにしています。

10040606ビスを締める前に、よく見ておかないと、時々こんなこともおきます。
こうなったら下のキャンバス釘を抜いて、最初からやり直しです。

10040607若い頃は「角を45度に落として...」なんて事にも、幾度と無くトライしてみましたが、もともとがせっかちで不器用なため、上手く言った試しが無いので、最近はすっかりあきらめて、こんな風にしてます。
せめてもの配慮は先に横方向を決めてから、縦方向をかぶせるように取り付けます。
(この写真とは逆)
そうすれば、展示した状態で横から見ても繋ぎ目が見えません。通常、わざわざ上や下から覗き込んだりする人はいないので。
でも、ちょっと隙間が気になるかな?

10040608「隙間が気になる!」
という方はここで釘止め。
こんな風に銅釘や真鍮釘なんかを使えば、アクセントにもなります。

しかしここでも「割れ」には充分気をつけて!
だからといって穴が大き過ぎると釘の効果がないので、その辺も充分考えてやってみて下さい。
(最近は、やらない事が多いかな?)

1004060910040610

最後に、切り口と、ネジ頭を塗りつぶして完成です。

切り口はともかく、ネジ頭の塗りつぶしは賛否両論あるかもしれませんので、お好みで。

最後に完成写真!!
と思いましたが、なんせこの公募展、出品規定がちょっと厳しくて、やたらと「未発表」を声高に喧伝しているようなので、作品写真の方はご容赦を。

善くも悪くも結果が出たら、ご報告しますね。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「第28回上野の森美術館大賞展」はもうすぐ始まります!
http://www.ueno-mori.org/taisho.html


|

« かがやきの丘、一般公開 | トップページ | モチーフのお味は... »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かがやきの丘、一般公開 | トップページ | モチーフのお味は... »