« 展覧会、始まってました!! | トップページ | 手作りの本 »

2010年4月30日 (金)

「浮光」と「院展」
 *どちらも同じ「風景」なのに...

10043002
昨日は大風の中、写真家津田 直さんのトークイベントに参加するために、秋田まで車を走らせます。

で、まだ時間があったのでアトリオンにて「春の院展」なるものを、先に見てきます。

本当に久々に見る「院展」でしたが、改めてそのクオリティーの高さに驚かされます。
どれも技術的にはすでに「職人の粋」に達している感があり、その技術に裏打ちされた中での構図・絵作りのため、出来上がった作品たちはまさに「非の打ち所がない」とおもさせるような仕上がりであります。
でも....

でも....何となく...

モヤモヤ.....を感じてしまいます。

そんなモヤモヤを、自分なりに何となく分析しつつ、
津田 直/スライド&トークの会場へ。

よくトークイベントやコンサートなども行われる会場ですが、私自身は参加するのは初めてで、ちょっと緊張。
でもいつもの顔や知っている顔を見つけて、ちょっと一安心。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が参加した第一部の方は、最近行なわれた個展の作品と、出版された写真集についてのお話がメイン。

その驚きの経歴とともに、写真一枚を撮るために、どれだけ手間をかけているかという興味深い話があり、さらには作品集を含む、本に関わるお話がとても面白かったです。

で、そんなスライドを眺めながら、先程の院展を見ていた時に抱いたモヤモヤを表す言葉を、ふと、見つけます。

「風景との関係性」

・どうしてこの風景を選んだのか?
・どうしてこの風景を選ばなければいけないのか?


そんな物がにじみ出してきそうな作品と、そうじゃない作品。
一方では風景との関係性を赤裸々なまでに見せられたかと思えば、もう一方では、さりげなくその辺りから拾って来たものを「テクニック」という力技でパッケージングして一つの作品にまで仕上げていく。

「どちらが良い」とか「どちらが正しい」なんて結論を、私如きが軽々しく口にする事はできません。

でも、私的には....何となく「結論」はすでにずっと昔に出ていたのかもしれません。

10043001



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「第74回 河北美術展」始まりました!!(5月5日まで)
http://www.kahoku.co.jp/busi/art2010/index.html

「第28回上野の森美術館大賞展」は始まりました!(5月9日まで)
http://www.ueno-mori.org/taisho.html


|

« 展覧会、始まってました!! | トップページ | 手作りの本 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/34450091

この記事へのトラックバック一覧です: 「浮光」と「院展」
 *どちらも同じ「風景」なのに...
:

« 展覧会、始まってました!! | トップページ | 手作りの本 »