« オリンピックの余韻、醒め止まぬなか... | トップページ | 現場下見と最終打ち合わせ »

2010年3月 5日 (金)

Terra verdeとGreen EarthとTerre Verte

10030501
どれも一般的には「緑土」と訳されるこの色。

写真左手はイタリアのMaimeriという会社製で、10年ぐらい前から、日本でも入手できるようになった絵の具。
ちなみに、これはスタンダードなモノではなく、「イタリアの大地」という、イタリア各地の土をベースに作っている事を売りにしたモノで、要するに単なる「ポテトチップス」じゃなく、その頭に「北海道産のジャガイモ使用」って書いてあるといった感じでしょうか。

一方右手のは昔から愛用しているイギリス製の絵の具です。

(色味が微妙に違うのは伊製の方の名前の後ろに「antica」と付いているから。これが付くと一般的に色が渋い感じになります。)

不思議なのが右手の絵の具の色名、英国製にも関わらず「Green Earth」ではなく、「Terre Verte」(仏語)を今でも使用している事。

たぶん、イギリスに絵の具が持ち込まれた当時の色名をそのまま引き継いでいるためで、日本のメーカーでもこの「テールベルト」という名前の方が一般的です。

そんな訳で「テールベルト」と言う色名がすっかり頭に染み込んでいた私にとっては、最近のアクリル絵の具なんかで突然「グリーン・アース」と言われても「みどりの地球」なんて標語の一文字みたいで何ともしっくり来ないのです。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「小さな美術館がやって来る!」計画、進行中!
http://sekainokakera.cocolog-nifty.com/blog/cat38216335/index.html



|

« オリンピックの余韻、醒め止まぬなか... | トップページ | 現場下見と最終打ち合わせ »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピックの余韻、醒め止まぬなか... | トップページ | 現場下見と最終打ち合わせ »