« 細雪降る中、おつゆがけ... | トップページ | ここからが勝負!! »

2010年3月10日 (水)

お兄さん、お世話になりました!

10031001
子どもが小学生に上がる頃に初めて聞いた 登校班

「地域ごとに細かく分けられた少人数単位の班で学校に登校する。」
という事なんで、聞いたときは「集団下校のための班で、慣れない一年生のために、最初の一ヶ月くらい一緒に通ってくれるんだァ」などと気楽に思っていたら、なんとこの登校班、6年間ずっと続くというのを聞いたのが 最初の驚き!

「そうか、ここの所物騒な事件が多いから、始めたんだな」などと勝手に納得していた私に、地元出身の妻が「あたしが小学生のときからやってるわよ!!」の一言。
となると今から30年以上前に始まったことらしくこれが 第2の驚き!!

毎朝、決まった時間に決まった場所に集まり、6年生のお兄さん(あるいはお姉さん)を先頭に小学校に向けて歩いて行きます。

時にはフラフラ歩いている下級生を注意したり、ぐずったり、疲れている1年生を励ましてくれたり。

そんな風に我が子たちを見守ってくれていた6年生ももうすぐ卒業。
4月からは中学校に行ってまた「1年生」からスタートです。

驚くような事もたくさんあるけれど、頑張って下さい!!

そして、一年間、大変お世話になりました。

私も卒業式前に、最後に一言、感謝の気持ちを込めて、声をかけてこようかと思っています。

どうもありがとう!!



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「小さな美術館がやって来る!」計画、進行中!
http://sekainokakera.cocolog-nifty.com/blog/cat38216335/index.html



|

« 細雪降る中、おつゆがけ... | トップページ | ここからが勝負!! »

育児」カテゴリの記事

不思議な話」カテゴリの記事

小学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 細雪降る中、おつゆがけ... | トップページ | ここからが勝負!! »