« 「秋田市」という荒れ野を走る!盲目的に | トップページ | ちょっとだけ反省。そして言い訳.... »

2010年2月 8日 (月)

流れ去る負のエネルギーと封じ込められた念

10020801
ここ数日、流雪溝が流れ続けます。

一日2回、曜日ごとに指定された時間の30分ぐらい前になると、家からみんなゾロゾロと出てきて、雪をかき集め、流雪溝の重いフタを「ヨッコイショ!」と開け、水が流れてくるのを待ちながら、再び除雪。

最初のうちは、明るく声をかけていた挨拶も、日を重ねるごとにツヤも無くなり、トーンも下がります。
五日目の昨日などは、挨拶も含め「声を出すのも疲れる」と言った感じの、やや重苦しい雰囲気。

「いくら何でもいい加減にして欲しい...」

何となく、そんな重苦しいオーラを背中から発しながら、いつもにも増して、重そうに雪を寄せています。

そんな負のエネルギーを雪とともに流してしまうがの如く、流れ始めた流雪溝に雪をたたき落とします。
そして時々詰まりながらも、みんなの負のエネルギーを載せた流雪溝の冷たい水が、近くの堰に向かってどんどんと流れ落ち、その流れはやがて川へと向かいます。

ーーーーーーーーーー

10020802ようやくF50号の街並が完成します。
こうやって小さく見ると、なんか写真ぽく見えて楽しいですが、普通に見るとやっぱり絵です。(写真をクリックすると拡大表示されます。)

セオリー通りなら、下描きの段階から、一軒ずつ鉛筆で正確に描き込むのですが、ただ不思議なもので、こんな風にぶっつけ本番で描いた方が、妙な迫力が出たりするんですよね。

下描きが無い分、緊張感があると言うか、念がこもると言うか、パッと見は雑に見えるんですけど、自分的には嫌いじゃないんです。
単に「苦労した分、愛着がわく」みたいな自画自賛的感覚なのかもしれませんが。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「小さな美術館がやって来る!」計画、進行中!
http://sekainokakera.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-26bd.html



|

« 「秋田市」という荒れ野を走る!盲目的に | トップページ | ちょっとだけ反省。そして言い訳.... »

冬と雪」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「秋田市」という荒れ野を走る!盲目的に | トップページ | ちょっとだけ反省。そして言い訳.... »