« 微妙な空模様 | トップページ | 信じる者に、サンタは必ず訪れる。 »

2009年12月24日 (木)

信ずる者の所にだけ、サンタは訪れる?

09122403

表題とはあまり似つかわしくない写真にて失礼。

「今日は年賀状ネタで...」と思いつつ、写真の日付を見て本日がイブなのに気付いた始末。

思い返せば、カトリック系幼稚園にて、サンタ・ニコライの存在を擦り込まれて以来、40年近い月日をやり過ごしてしまった今日この頃。この表題通りなら、こんなくたびれたオッさんになったとしても、その存在を強く信じてしまいたくなる昨今の不景気感。
(もっとも個人的不景気は、ずっと前から始まっていたけど。)

近所のタバコ屋を前にして、年末ジャンボを買おうかどうか、迷ってしまいます。

     ×        ×        ×     

それにも増して、この時期迷うのが、年賀状のデザイン。

「絵が上手だから、楽しいでしょ!」

何て言われる事がありますが、実を言うと大の苦手。そのせいでいつもギリギリまで手をつけず、慌ててやるので、「苦手」の上にさらに「焦り」が加わり、結果は惨憺たるモノ。
だいたい干支は動物ばかりだし、動物の絵ばかり描いている私が言うのもなんですが、本来、人間も含めて「動物」を描くのが苦手なんですよ。

本当は...

09122402



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

「小さな美術館がやって来る!」計画についてはこちら
http://sekainokakera.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-26bd.html




|

« 微妙な空模様 | トップページ | 信じる者に、サンタは必ず訪れる。 »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 微妙な空模様 | トップページ | 信じる者に、サンタは必ず訪れる。 »