« ブルーベリー | トップページ | 劇場版パンフ/一つだけ気に喰わない所 »

2009年7月13日 (月)

ももさだ/裸婦デッサン会に行く

09071301

この土日は秋田市にある美術工芸短大内で行なわれた裸婦デッサン会に行ってきました。
主催は大学ではなく「秋田美術作家協会」という団体で、私自身はそこの会員ではないのですが、ある会員の方からの「一般の人でも良いですよ」というように声をかけて頂いての参加でした。

09071302会場は外から見るとこんな感じ。
このような同じ外観の建物が数棟並んでいて、それぞれが工房だったり、展示室だったり喫茶だったり。そのうちの一つが一般にも開放されたコミュニティーホールになっていて、今回のデッサン会はそこで行なわれました。
ちなみに最初の写真はその建物内の天井の様子です。けっこう雰囲気ありますね。

自身は京都で油彩画を描いて以来、4、5年ぶりの裸婦体験。
もとも人物自体苦手で、全くと言っていい程、人物画を描かない私が

「わざわざ、なぜ裸婦を描くの?」

と、聞かれそうですが、まあ、時々こんな風に描く事によって、色んな事を確認します。
例えば自分のデッサン力とかね。
その他、昨日書いたみたいな理由もありますしね。

     ×        ×        ×     

09071304

この2日間でデッサンやクロッキーなど30枚弱を描きました。

気をつける事は

「絵作りではなく、ものを見る練習として描く」

一つの作品を完成させるのではなく、モチーフを目の前にして、謙虚な気持ちで眺め、そのモチーフの形、そこに落ちてくる光とそれが見せる色や陰影を描く。
もちろんその結果として、作品が完成すればもっと良いのですが、たぶん残念ながらそこまでの力量には遠く及ばない様でした。

この同じスケッチブックに10年ぐらい前に描いた裸婦デッサンがあるんですが、比較してみると...
もっと練習しなきゃね。

そうそう、今回のモデルさん、お腹と背中にタトゥーが入ってました。一昔前なら聞かない話でしたが、最近はそんなのもアリなんですね。ちょっとだけビックリしました。

     ×        ×        ×     

09071303一日目に、この学校の廻りに、歩いて御飯を食べに行ける所やコンビニがない事が判明したので、二日目は弁当持参。

今回は「卵サンド」と「コンビーフサンド」。
どちらも玉葱を薄くスライスして挿んでます。新玉葱なんで、全然辛くなくていいですね。
ちなみに枝豆は保冷剤の変わりに、冷凍のものをそのままいれておきました。

誰が作ったかって?

もちろん私ですよ。




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html




|

« ブルーベリー | トップページ | 劇場版パンフ/一つだけ気に喰わない所 »

うちのごはん」カテゴリの記事

制作日記」カテゴリの記事

コメント

arube 様

コメントありがとうございます。

サイトの方も見て頂いて、ありがとうございます。
1から手作りのサイトで、まだまだ不具合も多く、お見苦しい点が多々あったと思います。お手間を取らせてすいません。

今現在、8月の「湯沢七夕絵どうろう祭り」の期間中に、湯沢市内にて展覧会を計画中でありまして、着々とその準備を進めている所です。

もう少ししましたら、このブログにも詳細を掲載する予定ですが、もし万が一ち、近くにおこしの際は、足をお運びいただけたら幸いです。

・・・・以上。お知らせでした。

ブログの方も、お気に召しましたら、時々でも覗いて下さい。

投稿: 中野 | 2009年7月14日 (火) 06時10分

こんばんは、お邪魔いたします。

当方のブログにコメントをいただきましてありがとうございました。

私自身、写真は撮っても絵は下手で描けないので、絵を描くのが上手な人に対しては尊敬のまなざしです。

公式サイトにある上野の森美術館大賞展入選作品見させてもらいました。他の書き込みにあるように、写真のようにも見える繊細な描写にとても感心をしたしだいです。

実物の絵、機会があれば見てみたくなりました。

投稿: arube | 2009年7月13日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーベリー | トップページ | 劇場版パンフ/一つだけ気に喰わない所 »