« 赤い太陽と5月1日 | トップページ | DMが出来上がりました! »

2009年5月 2日 (土)

無い袖は振れず。そして二枚舌を見る

09050101

 3月頃に自動車のディラーさんが我が家にやって来ました。人生において初めての経験。ということでとりあえず話だけ伺ってみる。

 環境対策の一環で、今の車を新車に買えると「消費税5%が免税」とのこと。「捕らぬ狸の・・・」じゃないけれど、お金もないのに、頭の中で計算している自分。

 「はっ!」と我にかえって「申し出は有り難いですが、とりあえずお金がないので・・・」と丁重にお断りします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 その後しばらくして新聞など各種マスコミに躍り出たのが
「環境対策車買い替えで25万円キャッシュバック」という話。
 金もないくせに「あのとき契約しなくて良かった!」と勝手に思い込む私。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そして昨日。配られて来た市(それとも「県」)の公報を見て愕然!

 「10年(12だっけ)以上経つ車は増税!」

 今、正確な資料が手元に見当たらないのですが、取りあえず私の車は、増税の対象、真っ直中。

 でも、皆さんよく考えて下さい。私がこの車を買い替えずに乗っているのは、ただ単に

 「買い替えるお金がないから。」

 そして・・・

お金がないために買い替えられない人からむしり取った税金は、お金があって車を買い替えられる人に配られるのです。

 一つの物を大事に長く使う事だって「環境に優しい」はず。むしろ「無駄遣い」をしてない事に対する減税措置があったって良いはず。
 でもそんなキャンペーンじゃ買い替えは進まないし、そうなれば企業は潤わない。
 つまり政府のやっている事は、個人国民のためではなく、「企業のための政治」ということ。

「高速料金、最大1000円」なんてどう考えても環境に良くない事をやっている政府が、同じ舌で「環境税」何て言っている事自体信じられません。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

第27回 上野の森美術館大賞展のサイトです。
  何もないサイトですが、受賞作品だけは見れます。

http://www.ueno-mori.org/kobo/taisho27/index.html




|

« 赤い太陽と5月1日 | トップページ | DMが出来上がりました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/29393698

この記事へのトラックバック一覧です: 無い袖は振れず。そして二枚舌を見る:

« 赤い太陽と5月1日 | トップページ | DMが出来上がりました! »