« いつの間にか過ぎて行く事 | トップページ | ETC、そして逆転の発想/その2 »

2009年3月20日 (金)

去年の今頃は

09032001

 昨日の卒園式は、なんとか雨も降らず、無事終了。そう言えば2年前の入園式の時は、風の強い日だった事を思い出しました。
 昔から定番の紅白まんじゅうは、紅白餅へと様変わりはしたものの、今だ健在。ネームのハンコをもらったりするのも同じですね。

 全然関係ないけど、このハンコ、小学校でも使えば経費削減できそうですね。市内幼稚園や保育園で申し合わせて、字体とサイズだけ統一しておけば良いし、それこそ入園時に市が一括で作って、終了時に小学校に繰り越すようにすれば規格の統一もできるしね。まあ、市教委がそんな煩雑な事するわけないか。いちいち持ってる子と持ってない子をチェックして、なんてするよりも「とりあえず全部作っちゃえ」の方が楽チンだもんね。どうせ税金だし、無駄遣いしたって、自分の腹は痛くも痒くもないし。
 このハンコも昔ならともかく、これだけパソコンやネームシールが多種多様になれば、正直、家庭ではあまり使い道ないですからね。まあ、記念品と思えば良いのか。

 なんか愚痴ぽくなっちゃいましたね。書き始めたときは全然そんなつもりじゃなかったのに。

09032002 先日、昨年のダイアリーを眺めていた妻がボソリと言うには、

「去年の春休みにソリ遊びしたんだよね。」

 そう言われてアルバムを見返してみると、確かに昨年の3月23日に子どもを連れて近所のスキー場にソリ遊びに行ってるんです。

 (右の写真はその時の様子)

 他の写真を見ると、確かに雪が黒ずんでいる所もありますが、充分滑走可能な状態です。このスキー場(ジュネス栗駒)自体、市内から1時間弱ぐらいかかる、山の中のスキー場なんで、平地とは様子がちょっと違いますが、それにしても今年のこの辺りの天候では、ここまでの積雪は期待できないでしょう。

 今、この辺りは結構長い事、雨が降っていて、その音を聞くだけで「スキー場へ行こう」なんて気持ちは萎えてしまいます。

 すでにバッケ(ふきのとう)や福寿草も芽を出しているみたいです。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« いつの間にか過ぎて行く事 | トップページ | ETC、そして逆転の発想/その2 »

子ども遊び場」カテゴリの記事

冬と雪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去年の今頃は:

« いつの間にか過ぎて行く事 | トップページ | ETC、そして逆転の発想/その2 »