« 作品が戻ってきます。 | トップページ | 細部 »

2009年2月 7日 (土)

丸木舟で森に遡る。

09020701

 昔、まだサラリーマンをやっていた頃、美術の教材のカタログを眺めていると、そこになんと手作りカヌーのキットが載っていました。大学の頃、工芸を専攻していた後輩が授業の合間にせっせとカヌーを作っていたのを思い出し、「世の中にはこんなキットも市販されているんだなー」と感心するやら、驚くやら。

 ちょうどその頃、周りにいた中学生の子どもたち数名が、学校に行ってもつまらなそうだし、毎日悶々としているのを見ていたので、「こんなの一緒にやってみたらおもろいかもなぁ」なんて漠然と考えていた事がありました。ただ作るだけじゃなく、それを使って一緒に遊んでみるなんて経験はなかなかに魅力的でした。
 結局、そんな構想も、当時の忙しさの中でどこかに消えてしまいましたが、我ながら楽しいアイディアだとこっそり自画自賛しつつ、同時に、いざと言う時の自分の実行力のなさをも再認識しました。

 それから十数年後、時はまさに現代、何気なく時々覗いているブログでこんな企画を見つけました。

 「丸木舟をつくって森に遡(かえ)ろう」

 この夏の大阪で行なわれるイベント内の企画の1つだそうで、どうやら、アーティストと子どもたちが一緒になって丸木舟を作って進水させようという内容みたいです。
 詳細についてはART POT(芸術環境計画)というNPOのサイトにありますのでそちらをご覧下さい。

 「水の都」大阪らしい企画ですね。実際の丸木舟を漕いで川をさかのぼるのはちょっと難しそうだけど、想像するとちょっとワクワクします。

 私の住んでいる辺りも、杉の産地に近かったり、ブナ林があちこちにあったりするのに、なかなかそういう発想に結びつきません。あまりにも身近過ぎるのかもしれませんね。(そのくせ全然知識はないんですが)

 どんな船が出来上がるのやら・・・今後が楽しみですね。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« 作品が戻ってきます。 | トップページ | 細部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/27853421

この記事へのトラックバック一覧です: 丸木舟で森に遡る。:

« 作品が戻ってきます。 | トップページ | 細部 »