« 性懲りも無く・・・ | トップページ | いよいよ最終刊!ですよね? »

2009年2月24日 (火)

薄れゆく季節感

09022401

 よく行くカフェのマスターのブログを眺めていて、コーヒー豆にも「旬」がある事に気が付きます。「豆」なのだから当然、農産物であり、そう考えれば至極当たり前の事なのに、そんな事にも全然思い当たらない自分に、少々驚きます。

 薄れゆく季節感・・・

 それは何も外側からだけじゃなく、自分の内側からどんどん生じて来る現象。降雪に「冬」を実感する事はあるけれど、それ以外の感覚はドンドン麻痺しているような気がします。

 やがて季節そのものがおかしくなっている事にさえ、気が付かなくなってしまうのか、いや、慣らされてしまうのでしょうか?

 ときどき、欧米スタイルに合わせて「入学式を秋に」なんて声が聞こえますが、「冗談じゃない!」と言いたくなります。新入学、新学期と言う気持ちを新たに向かうべき時期を、「春の芽吹き」に重ね合わせた発想の方が素敵がだと、私は思います。
 少なくとも、ともすればくらい雰囲気を持つ可能性の高い「秋」に新天地で一歩を踏み出すと言うのは、私たちにはあまりなじまないような気がするのですが。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« 性懲りも無く・・・ | トップページ | いよいよ最終刊!ですよね? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ginchan 様
コメントありがとうございます。
本当に暖かい冬には困った物です。雪が積もらない事は私にとっては死活問題でさえありますから。

季節を待たずして何でも食べれる。その食べ物からは酸味や渋みがいつしか消えてなくなり、気が付けばただ甘いだけの果実だけが店先に並んでいます。
便利さと食べ易さを手に入れた代わりに、何か大事なものをどこかに忘れて来てしまったような、ぎこちなさを感じる今日この頃です。

投稿: 中野 | 2009年2月25日 (水) 07時25分

私も季節感が薄らいできていると思います。
雪降らないですね。
それと、気温がさがらないです。
昔の冬は、びりっと冷えてました。
朝起きると、窓に霜の花が咲いてました。
今見ることなくなりました。

投稿: ginchan | 2009年2月24日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/28332924

この記事へのトラックバック一覧です: 薄れゆく季節感:

« 性懲りも無く・・・ | トップページ | いよいよ最終刊!ですよね? »