« 雪の少ない冬でしょうか? | トップページ | 一刻の晴れ間に »

2009年1月10日 (土)

それでも凍れます。

09011001

 ただいまの時刻、1月10日午前5時をちょっと過ぎた辺り。モッサモッサと雪が降ってきました。予報ではこのまま明日まで降り続くということでしたが、どうでしょうか?

 本日のタイトル「しばれる」と書こうと思ったら「縛れる」しか出て来なくて、仕方なく「こごえる<凍える>」の送り仮名を消して「しばれる<凍れる>」と直しました。でも本当にこれで良いんでしょうか?あまり自信はありません。

 連日「雪が少ない」とつぶやいていますが、それでは冬らしく冷え込む日はあって、そんな寒い日は窓にも霜が付きます。もっともっと気温が下がると、雪の結晶みたいな不思議な造形が見られるのですが、この辺りの零下ではこんなもんでしょう。

 こんなに冷え込むのは、大抵は天気の良い日と相場は決まっていて、もう少しすると、太陽も顔を出し、風もなければ気温はどんどん上昇して行きます。
 そしてその気温の上昇とともに、これらの美しい造形も、水滴となって、やがて消えて行くのでした。


好評開催中!
  第19回 富嶽ビエンナーレ展
  静岡県立美術館/1月2日(金)〜25日(日)(月曜休館)

  


中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  入選作も公開中!

  
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« 雪の少ない冬でしょうか? | トップページ | 一刻の晴れ間に »

冬と雪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも凍れます。:

« 雪の少ない冬でしょうか? | トップページ | 一刻の晴れ間に »