« 今日はクリスマス・イブ | トップページ | 今年の総括、その1/作品について »

2008年12月25日 (木)

電化製品を選ぶコツ?/加湿器

08122501

 右の写真に写っているのは、我が家で現在活躍中の加湿器。数年程前に、某カタログ通販専門店から購入したものです。現在ではこのタイプよりも新しいものしか扱っていないので、型落ちの機械ですが、気に入って使っています。
 優れているのは、昔主流だった、見た目にもはっきりわかるような蒸気を飛ばすタイプじゃない事。本体下部に溜まった水を少しずつすくい上げ、自然に気化させると言うタイプなので、湿気が出過ぎて部屋がカビけるなんて心配はありません。そのあまりの消極的な姿勢に「本当に加湿されてるの?」と疑ってしまいたくもなりますが、湿度計や喉の様子からしても充分用は成していると思われます。

 そんな優れものなんですが、宿命のようにやはり欠点もある訳です。
 第1に下部の水槽にカバーなどがないので、すぐにホコリが溜まるので、
 こまめに掃除をしなければなりません。
 第2の点は分解掃除が出来ない事です。

 京都に住んでいた時に、かかりつけのお医者さんに言われた事なんですが

「風邪の予防には加湿が良い。でも加湿器が汚れていたら意味がない」

 そう言われてあわてて掃除をしようと思ったら・・・。
 肝心の空気を送り出すためのファンや取り入れ口、排気口のホコリを取り除く術がないのです。掃除機はもちろん、指も入らず、仕方なく分解しようと思っても、ネジではなくはめ込み式なので、ドライバーなどでこじ開けねばならず、何か割れてしまいそうでした。

 複雑ならともかく、機械自体も単純な構造だけに、「メーカーに頼んで分解掃除」というのも馬鹿らしいので、仕方なく自分でやりましたが、必ずしも機能だけが優れているモノが「良い製品」である訳ではないということを、学ばされた一品でした。

 これから購入を考えている方は「掃除のし易さ」も選ぶ目安に加えた方が良いかもしれませんね。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  第19回 富嶽ビエンナーレ展に入選しました!
  入選作も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« 今日はクリスマス・イブ | トップページ | 今年の総括、その1/作品について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/26476768

この記事へのトラックバック一覧です: 電化製品を選ぶコツ?/加湿器:

« 今日はクリスマス・イブ | トップページ | 今年の総括、その1/作品について »