« 「目からウロコ」のカプチーノ | トップページ | 海があったんだ! »

2008年12月11日 (木)

茶柱

08121101

 昨日は食後にサンピン茶を飲みました。盛夏以来、久々の登場です。その頃も冷やして飲んでいたので、HOTで飲むのは本当に久しぶりの事。

 急須にお茶の葉を入れて、熱湯を注いだら蒸らすこと数分。頃合いを見て、湯のみに注ぐと・・・

08121102




  あっ、茶柱!!

 この一杯を誰に渡そうかとしばし悩みます。以前、自分のお茶に茶柱が立っていない事で大騒ぎした我が子に、とも思いますが、とりあえず熱いお茶なので、そのまま渡す訳にも行きません。

 考えた末に、この一杯は妻の元へ。

 喜ぶ妻を横目に羨ましそうにその湯のみをのぞく我が子。さすが6歳児(?)以前みたいに大騒ぎこそしませんが、何やらブツブツ。
 このまま無視して、ほっとけば良い物を、悲しいかな親心。再び急須にお湯を注ぎ、それを軽く揺すってから子どもの湯のみに注します。

 するとそんな子どもの気持ちを察してか(そんな訳ないか)、こちらにもみごとな茶柱が

 喜ぶ我が子の姿を見て、喜ぶ親。自分の甘さ加減にもちょっと反省。世の中こんな風に上手く行くことの方が少ないのだから・・・

 そんなことを考えながら、自分の湯のみに手をつけた時、自分だけ茶柱が立っていないことに気づきます。こんな迷信、信じている訳ではないですが、私だけ仲間はずれになったみたいで、それはそれでちょっとやるせない。

 静かに夜が更けて行きます。

 私の幸せだけが、この深まる夜の闇のどこかに置き去りにされているのかもしれません。でも探しに行くには、あまりにも闇が深過ぎます。

仕方がないので、別の幸せが舞い込んでくるのを、じっと待つことにしました。
それともただ待つだけではやって来ないのでしょうか?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  web版「中野修一 絵画展」も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/





|

« 「目からウロコ」のカプチーノ | トップページ | 海があったんだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/26097615

この記事へのトラックバック一覧です: 茶柱:

« 「目からウロコ」のカプチーノ | トップページ | 海があったんだ! »